神奈川県横浜市の外壁塗装は業者選びが肝心!

横浜市業者選び

今回は神奈川県横浜市の外壁塗装の特徴について紹介していきます。
横浜市で外壁塗装をするにあたり注意すべき点がありますので、押さえていきましょう。

外壁塗装から見た神奈川県『横浜市』の特徴・事情

横浜市の外壁塗装の特徴を見る前に、横浜市にまつわる統計・データについてお話を進めていきます。

横浜市は神奈川県の中でもっとも面積が大きい市町村で、437.56k㎡の大きさを誇ります。
その面積の大きさゆえ横浜市内には丘陵地もありますが、人口も多く、横浜市内には広く市街地が分布しています。

横浜市の人口密度

横浜市の人口密度は8,530人/㎡となります。
面積の大きさもさることながら、人口が市区町村ベースでは全国一位の多さですので、人口密度も非常に高い数値です。

横浜市の住宅事情

横浜市は人口密度が高いことに加えて、1住宅あたりの延べ床面積が74.32㎡というデータもあります。
この延べ床面積は集合住宅の床面積もカウントされていますが、全国的に見ると20ある政令指定都市のなかで6番目に高い数値になります。

住宅密集地に建つ家が多い

一戸建ての数は居住世帯のある数で約58万戸と、149万戸あるうちの39%に及びます。
一般的に延べ床面積が狭くなる集合住宅の割合が大きくなりますが、個人で外壁塗装をする必要がある一戸建て住宅の中でも、全国的に見て敷地面積が小さいとみて良いでしょう。

横浜市は市街地が多く、住宅密集地に建っている戸建て住宅が多いことが特徴です。
近隣に住宅が多く、そして敷地面積が狭いので、外壁塗装をする上でしっかりと近隣挨拶をする必要があります。

住宅密集地での外壁塗装の場合、敷地面積に限りがあると施工方法が限定されることもありますので、外壁塗装業者に確認しておきましょう。

敷地面積が大きい住宅も

横浜市は市街地の面積が大きいのですが、その面積の広さゆえ丘陵地や、横浜西部には農地もあります。
同じ横浜市内でも地域によっては敷地の広い戸建て住宅もあります。

塗装面積が大きいので、その分外壁塗装にかかる費用も大きくなることに気を付けておきましょう。

神奈川県『横浜市』の外壁塗装での注意点

横浜市の外壁塗装はその住宅が建っている土地ごとに気を付けるべき注意点があります。
横浜市の外壁塗装の注意点をまとめましたので確認していきましょう。

近隣トラブル

敷地面積が狭い住宅での外壁塗装は近隣トラブルに巻き込まれやすいです。
近隣トラブルには事前に外壁塗装業者と相談の上、あいさつ回りを済ましておくと良いでしょう。

横浜市が地元の業者であれば対応も慣れていますので、トラブルに巻き込まれる可能性は低くなります。
実際に起こりうる近隣トラブルも紹介します。

塗料が飛んできた

隣同士の住宅が近いほど、外壁塗装の作業中に塗料が飛んでしまうトラブルは起こる可能性が高まります。
塗料の飛散による近隣トラブルを未然に防ぐためにも、隣と近いお家での外壁塗装ではスプレーガンによる吹き付け工法は控えなければなりません。

ローラーやハケを使用する手塗り工法での外壁塗装をおすすめします。

駐停車車両トラブル

住宅密集地によく見受けられるのが工事車両が敷地内に止められず、工事車両を道路に駐車したことで近隣からクレームが来てしまうトラブルです。
外壁塗装業者が道路使用許可を取れば法律上は問題ありませんが、近隣の方々には不便になってしまうので、事前にあいさつ回りとお断りをしておきトラブル防止に努めましょう。

上記以外のトラブル事例からも学べることがありますので確認しておくと良いでしょう。

施工方法が限定される場合もある

塗料の飛散を防ぐために、外壁塗装の工法が手塗り工法に限定しなければならない場合があります。
また、足場の建設にはある程度の敷地が必要になってきます。
敷地面積によっては足場の種類が限定されることもあると覚えておきましょう。

その地域別の外壁の汚れ方を知っておくこと

横浜市は面積が広く、立地条件の種類が豊富な都市です。
外壁塗装において、立地条件によって汚れ方は異なります。

住宅の近くに緑豊かな場所がある場合は、コケが付着して外壁が緑色に汚れます。
大通りに面しているか工場に近い住宅では、排気ガスやホコリ汚れにより外壁が黒色に変色します。

汚れの原因がわかっていれば塗料選びで対策ができますので外壁塗装業者に相談してみましょう。

横浜市は外壁塗装業者が多くて業者選びが大変

横浜市周辺は外壁塗装業者が非常に多くて、いざ外壁塗装をしようと思っても業者選びがとても大変です。
Googleで「外壁塗装 横浜」と調べても検索結果は約927,000件のヒット数がでてきますので、ますます外壁塗装業者の選び方がわからなくなりますね。
もちろんこの検索結果のすべてが外壁塗装業者というわけではありませんが、それだけ横浜市での外壁塗装の注目度が高いことがわかります。

外壁塗装業者を選ぶうえで、大切なのはまずは自分のお家に必要な工事はなにか知ることが大切です。
判断基準がない状態で探しても結局どの業者が良いのかわからないことでしょう。
まずは自分の家の状態を知るためにも無料現地調査を依頼したり、塗装診断などを活用しましょう。

現地調査を依頼する業者の選び方

現地調査を依頼する外壁塗装業者の探し方は様々ですが、できればハウスメーカーや大手リフォーム業者といった大手業者は避けたほうが良いでしょう。
大手業者は直接施工するわけではなく、下請け業者が実際の工事を行いますので外壁塗装に掛かる金額が高くなります。

その他、大手業者の場合ですと外壁塗装以外にも総合的なリフォーム工事を取り扱っていることも多く、外壁塗装のほかに必要ない工事も併せて提案されることもあります。
その分見積金額も高くなりますし、断り切れずに契約してしまったというトラブルの報告もありますので、注意して下さい。

外壁塗装を行う際にはやはり、地元業者に任せたいものです。
外壁塗装は一社だけで決めるのはリスクが高いものなので複数業者から相見積もりを取ることをおすすめしますので、インターネットをうまく活用して複数社から見積もりを取ると良いでしょう。

現在では一括見積もりサイトもありますのでうまく活用するのも手です。
もしくは当サイトのサービスを利用して頂くと、お近くの楽ペン加盟業者が現地調査を行います。
そのため本来複数回行う現場調査が一度の現地調査で済み、そしてその結果をもとに各社が見積書を作成いたしますので、お客様のお手を煩わせることはありません。

らくらくペイントでお見積もり依頼をしてみる

横浜市の外壁塗装まとめ

横浜市での外壁塗装は業者の数が多いので、判断基準がないととても大変だということがわかりました。
自分の家の状態と周りの環境を知って、どのような対策が必要なのかを知ると良いでしょう。

また、横浜で外壁塗装は近隣トラブルに巻き込まれるケースも見受けられます。
地元の業者に依頼することで、その地域、今回は横浜市特有のトラブル回避につながります。
的確なアドバイスをしてくれる業者に出会えることが出来ればなお外壁塗装への成功に近づきます。