【3,000棟突破】横浜市の外壁塗装実績

神奈川県横浜市鶴見区の外壁塗装実績の一部を紹介していきます。
実際の施工事例をご覧になってあなたのお住まいの外壁塗装に参考にして頂ければ幸いです。

神奈川県横浜市鶴見区 T様邸 外壁塗装施工実績

brush

神奈川県横浜市鶴見区でT様邸の外壁・屋根塗装工事を行わせて頂きました。
今回二回目の外壁塗装ということで、各所に劣化の進行が見られたのですが外観もきれいに整いました。

鶴見区T様①

横浜市鶴見区T様施工後

神奈川県横浜市鶴見区T様邸 今回の使用塗料!

塗装箇所 材料名 塗料メーカー 保証期間 耐久年数
外壁下塗り アンダーフィラー弾性エクセル 日本ペイント 5年 13-15年
外壁上塗り ファインパーフェクトトップ 日本ペイント 5年 13-15年
屋根下塗り 1液ベストシーラー 日本ペイント 5年 13-15年
屋根上塗り ファインパーフェクトベスト 日本ペイント 5年 13-15年

brush

神奈川県横浜市鶴見区 T様邸 施工から完成まで

神奈川県横浜市鶴見区T様邸はモルタル壁で2回目の外壁塗装だったということもあり、下地の傷みが少々進行している状態でした。
しかし、大きなクラックなどは見当たらず、しっかりと定期的にメンテナンスを行っていることが伺えます。

大掛かりな下地補修も必要がなかったので、下塗り塗料にシーラーとフィラーの機能を兼ね備えた「アンダーフィラー弾性エクセル」という日本ペイントの塗料を使用しました。
ヘアクラック程度であればこの下塗り塗料だけで補修効果があります。

下地の状態や素材に応じた下塗り塗料を使うことは外壁塗装においてとても大切です。

それでは神奈川県横浜市鶴見区T様邸の外壁・屋根塗装工事の様子を紹介していきます。

屋根塗装作業の様子 神奈川県横浜市鶴見区T様邸

汚れやコケがひどく目立つということはなかったのですが、屋根塗装の前には必ず余計なものが残っていない状態にするために高圧洗浄をします。
また、屋根板金の釘が抜け落ちかかっていたので、しっかりと打ち込みさせて頂きました。

鶴見区T②
高圧洗浄作業中の様子です。
鶴見区T③
高圧洗浄が終わり表面がとてもきれいになりました。
鶴見区T④
屋根の下塗り作業の様子です。
鶴見区T⑤
屋根の中塗り作業です。
鶴見区T⑥
上塗り塗装です。
最後まで身を抜かずに行います。
鶴見区T⑦
縁切り作業で屋根塗装の仕上げです。
鶴見区T⑨
屋根塗装完成です。
艶が見事な仕上がりになりました。
鶴見区T⑩
屋根塗装完成②です。
これだけきれいだと周りと比べてしまいますね。

外壁塗装作業の様子 神奈川県横浜市鶴見区T様邸

神奈川県横浜市鶴見区T様邸の外壁は築20年以上経っており、モルタルを使用した外壁の状態が心配でしたが、大きな劣化もなく状態の良いお住まいでした。
小さなヘアクラックに追随する下塗り塗料を使用することで、下塗り兼補修ができます。
その下塗りの様子も含めてどのような外壁塗装が行われたか見ていきましょう。

鶴見区T16
高圧洗浄をする前の外壁です。
筋状の汚れも洗い流していきます。
鶴見区T11
高圧洗浄作業中です。
先ほどの汚れもすべて取り除きます。
鶴見区T12
外壁の下塗りです。
モルタルには弾性塗料がおすすめです。
鶴見区T13
中塗り作業です。
鶴見区T14
外壁の上塗り作業です。
重ね塗りは塗料の本来の効果を発揮させます。
鶴見区T15
外壁塗装が完成しました。
日陰で暗くなってしまったのが悔やまれます。

神奈川県横浜市鶴見区T様邸の施工まとめ

いかがでしたでしょうか。
神奈川県横浜市鶴見区T様邸では築年数が経っているお家でしたが、外壁の状態も良く、一目で手入れがされているお家だとわかりました。
みなさんもお住まいを劣化から守るためにも定期的なメンテナンスとして外壁・屋根塗装をすることをおすすめします。

ご自分の外壁・屋根塗装に役立てて頂けたら幸いです。

らくらくペイントでお見積もり依頼をしてみる