【3,000棟突破】横浜市の外壁塗装実績

神奈川県横浜市泉区の外壁塗装実績の一部を紹介していきます。
実際の施工事例をご覧になってあなたのお住まいの外壁塗装に参考にして頂ければ幸いです。

神奈川県横浜市泉区 O様邸 外壁塗装施工実績

brush

神奈川県横浜市泉区O様邸の外壁・屋根塗装工事を行わせて頂きました。
屋根の劣化状況進んでおり、屋根材が外れかけていたこともあり、ガリバリウム鋼板の屋根材を既存の屋根の上から被せる「カバー工法」をご提案させて頂きました。
カバー工法をお考えの方にはとても参考になる事例ですので、一緒に確認していきましょう。

ガルバリウム鋼板へのカバー工法は耐久性も上がり、その耐用年数は20~30年以上は持つと言われています。
金属でありながらサビにも強いのでカバー工法を行うことは外壁・屋根塗装の際の一つの選択肢として一度考えてみても良いでしょう。

泉O施工前

横浜市戸塚区S様施工前

泉O施工後

横浜市戸塚区S様施工後

神奈川県横浜市泉区 O様邸 今回の使用塗料!

塗装箇所 材料名 塗料メーカー 保証期間 耐久年数
外壁下塗り ファインパーフェクトフィラー 日本ペイント 5年 13-15年
外壁上塗り ファインパーフェクトトップ 日本ペイント 5年 13-15年

brush

神奈川県横浜市泉区 O様邸 施工から完成まで

神奈川県横浜市泉区O様邸での施工内容を紹介していきます。
まずは外壁塗装の作業についてです。

目立ったクラックや損傷は見受けられませんでした。
しかしモルタル壁ということもあり汚れが気になるお家でしたので、高圧洗浄は念入りに行います。

横浜市保土ヶ谷区O高圧洗浄
業務用の高圧洗浄機は家庭用の高圧洗浄機とは威力が違います。
こちらの業務用高圧洗浄機を使い、隅々まできれいに汚れを落としていきます。
正しい塗膜形成には念入りな汚れ落としが欠かせません。

横浜市保土ヶ谷区Oタイル養生
一階の一部の外壁はタイルが使用されておりました。タイルの意匠性を守るためには養生をする必要があります。
タイルもしっかりと養生で保護して、そしてモルタル外壁の模様が異なる箇所の風合いが際立つような素敵な外壁へと仕上げます。

横浜市保土ヶ谷区O施工後②
雨樋や幕板などの付帯部の塗装も行い、メインとなる外壁の二色の色が際立つツートンカラーの素敵なお住まいとなりました。

屋根のカバー工法 神奈川県横浜市泉区O様邸

屋根は元の屋根材の劣化が進んでいたこともありまして、屋根のカバー工法を選択します。
屋根材として軽量かつ汚れにも強いガルバリウム鋼板になることで、より快適なお住まいへと変わりました。

カバー工法の様子を紹介していきます。

保土ヶ谷区Oカバー工法①
元の屋根の様子です。
ここからまず軒先板金を設置していきます。

保土ヶ谷区Oカバー工法②
屋根板金設置が完了したら次は防水シートを張ります。

保土ヶ谷区Oカバー工法③
防水シートを屋根全面が覆われるように張っていきます。
防水シートが覆われたら次は上からガルバリウム鋼板の屋根材を設置していきます。

保土ヶ谷区Oカバー工法⑤
ガルバリウム鋼板を設置する様子です。
ガルバリウム鋼板を敷き詰めたら最後に棟押さえを設置してカバー工法の完成です。

保土ヶ谷区Oカバー工法⑦
屋根のカバー工法の完成です。
屋根はあまり外見からでは変化がわかりにくいものですが、お住まいを守る大切な役割を果たしています。
ガルバリウム鋼板の屋根材は高い耐候性をもつので、お住まいを末永くお守りしてくれることでしょう。

>>屋根塗装における『カバー工法』とは

神奈川県横浜市泉区O様邸の実績まとめ

いかがでしたでしょうか。
神奈川県横浜市泉区O様邸の施工内容を紹介してきました。

きれいな仕上がりの為には細かい養生など、抜かりない配慮が大切です。
カバー工法も行うことで、工事完了後はまた新たな気分で暮らしていけることでしょう。

神奈川県横浜市泉区にお住まいの方で、外壁塗装工事の依頼先を探している方はこちらでも受け付けておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

らくらくペイントでお見積もり依頼をしてみる