屋根塗装の見積もり依頼前に必ず読んでおきたい!『正しい見積書』とは

今回紹介しますのが「屋根塗装の見積もりで気を付けてほしいこと」です。

屋根塗装の見積書なんて、普段目にすることはなかなかないですよね。
ですので、多くの方が「正しい見積書」を知らずして、不安を抱えながら屋根塗装工事の契約をしております。

場合によっては、トラブルに巻き込まれることもありますので、見積もりの際のチェックポイントについて紹介していきます。

この記事を読んで分かること
  • 外壁塗装の正しい見積書の見方が分かる。
  • 金額だけでなく、工事の内容もしっかり確認する重要性についても解説。
  • 見積もりの際のチェックポイントを紹介。

屋根塗装の見積書が正しい見積もりかどうかをチェックする6つのポイント

チェックポイントをお伝えする前にまずは、正しい見積書の例を紹介します。
今回紹介する見積書は「内訳書」と「内訳詳細」の二つに分けてあるもので、細かな部分まで分かりやすく説明している良い見積書です。

さて、屋根塗装の見積書は普段では見ることはありませんので、初めて見るという方もいらっしゃることでしょう。
上の見積書が「正しい見積書」だとなぜ分かるのか、これから紹介していきます。

屋根塗装の見積書では必ずチェックして欲しいポイントが6つあります。

    1. 金額は適正価格か
    2. 『一式』でまとめられていないか
    3. 内訳を確認する
  1. 作業面積と単価が記載されているか
  2. 使う塗料の詳細の記載があるか
  3. 保証についての記載があるか

それぞれのチェックポイントの中でも注意点がありますので、紹介していきます。

屋根塗装の正しい見積もりのポイント①【金額は適正価格か】

見積もり金額は適正価格か

屋根塗装はそのお家の大きさや形状によって、費用が変わります。
そのため一概に、例えば「屋根塗装の見積もりが○○○万円以上の場合はお断りしましょう」とは言えません。
ですが、屋根塗装に掛かる各材料(塗料や養生費など)や作業費(高圧洗浄や下地処理など)には単価相場があります。

今住んでいるお家の外壁の面積が分かれば、ある程度の相場が分かります。

屋根塗装の見積書に記載される金額は

工事費 = 塗装・作業する面積 × 単価

で計算されます。
見積もりを依頼する前に一度、我が家の外壁の面積と単価相場を調べてある程度の相場を知っておくと、正しい見積もりかどうか判断できます。
よほど相場からかけ離れた見積書の場合は注意しましょう。

また、屋根の面積(作業面積)は…

屋根の面積 = 1階の床面積 × 1.5(係数)

で求めることが出来ます。
家の大きさや屋根の形(寄棟や折版屋根など)によって変わりますので、詳しくは下記のページを参考にしてみてください。

>>【相場確認】屋根塗装の費用は『平米単価』と『面積』で決まります!

屋根塗装の正しい見積もりのポイント②【『一式』でまとめられていないか】

見積もり一式

屋根塗装の作業にかかる費用が『一式』にまとめられている場合は注意すべきです。
屋根塗装はモノを買うものではありません。
「塗装作業」にお金を支払うものですので、作業内容を明示されないと心配になりますよね。

どのような作業、材料に対して費用が掛かるのかを文面に記載してもらい、何にお金を支払うのかがしっかりと確認できる見積書を提示する業者を選びましょう。
一式の記載で終わる業者は、説明の時と実際の作業、材料が異なる場合もあります。

屋根塗装の正しい見積もりのポイント③【内訳を確認する】

見積もり内訳

各作業項目ごとにかかる費用が分かる見積書かどうか内訳をチェックしましょう。
見積書の内訳が項目ごとに記載されているものではなく、「一式」でまとめられていないか確認してください。
上記の「一式」でまとめられていないかと注意点は同じです。
内訳詳細を見積書とは別紙で用意する業者もいますが、内容に整合性がとれていれば問題ありません。

各作業項目が記載されているか、どの材料が使われるのか、作業面積単価までしっかりと記載されているかを確認できる見積書がベストです。

屋根塗装の正しい見積もりのポイント④【作業面積と単価が記載されているか】

見積もり作業面積単価

作業項目と掛かる費用だけ記載されている見積書を提出する業者もいます。
この場合、屋根塗装工事でどのような作業が実際に行われるのかはわかりますが、その作業にかかる費用の根拠が分りません。

作業面積と単価が揃って初めて、その作業に掛かる費用が正しいのか判断できますので、しっかりと明示しない業者には注意しましょう。

屋根塗装の作業内容も確認できるか

見積もり作業内容
屋根の状態は自分で確認するのは高所作業にもなりますので、なかなかできないものです。
そのため、屋根塗装業者に頼らざるを得ないものになります。

実際にどのような作業が必要なのかを見積書に記載してもらえると、安心できるものです。

屋根塗装の正しい見積もりのポイント⑤【使う塗料の詳細の記載があるか】

見積もり塗料の詳細

屋根塗装では使用する塗料によって得られる効果が変わります。
見積書の中で使う塗料のメーカーと商品名の記載がないと、良いグレードの塗料を使う予定だったはずが、実際の塗装の時にはグレードの低い塗料を使われてしまうことにもつながりかねません。

見積書に塗料のメーカーと商品名の記載がないとただの口約束となってしまいますので、業者選びの際はしっかりと記載のある見積書を提出する業者を選びましょう。

3回塗りなのか確認する

屋根塗装では塗装を3回行います。
作業項目に下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りの記載がないと実際の作業がどう行われるのか確認できません。
3度塗りがされない場合、本来塗料が持つ性能を受けられませんので、実際に屋根塗装の作業に入る前に3度塗りかどうかをチェックしておく必要があります。

屋根塗装の正しい見積もりのポイント⑥【保証についての記載があるか】

見積もり保証

屋根塗装は工事完了直後はきれいな仕上がりであっても、工事作業に不備があると数年後に不具合が生じてくることがあります。

一つ一つの作業が繊細なものですので、優良業者はもちろん丁寧に作業にあたってくれます。
万が一、作業に不備が生じていた場合に備えても、しっかりとした保証を用意して、依頼主に対してのアフターフォローも充実させてくれます。

保証は技術がしっかりしている証?

屋根塗装業者も自分たちの技術に自信がないと保証制度を設けられません。
不良工事で保証対応ばかりになってしまっては自分たちの営業活動に支障が出てしまうからです。

保証がしっかりとしているということはすなわち、屋根塗装の技術がしっかりしている業者であるという判断材料になることを覚えておきましょう。

また、保証が充実しているという説明を受けていたとしても、見積書や保証書といった、書類での受け渡しがない場合はその保証は受けることが困難です。
口約束だけでは屋根塗装業者も言い逃れが出来てしまうので、しっかりと保証の内容・内訳が記載のある書類でのやり取りをしてくれる業者を選びましょう。

悪い見積書の例とは

せっかく正しい見積書を紹介してきましたので、悪い見積書の例もみて比べてみると注意点が分りやすいでしょう。
注目してほしい点は以下の通りです。

  1. 「一式」でまとめられている
  2. 金額の根拠となる「単価」と「単位」の記載がない
  3. 作業内容が不明瞭
  4. 値引き額が大きすぎて信憑性に欠ける

見積もりの悪い例
正しい見積書の逆になるものが悪い見積書になります。
「一式」だけでまとめられていたり作業内容が不明瞭ですと、実際の工事内容が保証されません。

口約束だけですと実際の工事では手抜きをされたり使用する塗料が予定のものではないものを使われるというトラブルを生み出しかねませんので、しっかりと文面に記載のある見積書を基準として判断しましょう。

屋根塗装の業者選びは見積書が正しいものかで判断する

屋根塗装とは、一般の人からしたら何をするのか分からないものです。
事前の知識が無い状態では「正しい見積もり」かなんて判断が付かないですよね。

屋根塗装の正しい見積もりのポイントまとめ
1.金額は適正価格か
2.『一式』でまとめられていないか
3.内訳を確認する
4.作業面積と単価が記載されているか
5.使う塗料の詳細の記載があるか
6.保証についての記載があるか

今回紹介した6つのポイントを押さえて、業者選びをしてみると、見積書の見方もわかってくるかもしれません。
是非参考にして、あなたの屋根塗装を成功させましょう。

楽々ペイントでは上記の「正しい見積もりのポイント」でご紹介した通りの見積書を提出していますのでご安心ください。

らくらくペイントでお見積もり依頼をしてみる