外壁塗装の足場にかかる費用とは?足場の必要性

足場の必要性

すでに一度外壁塗装業者から見積もりを取ったことがある方は分かるかと思いますが、外壁塗装では足場に掛かる費用が思っている以上に掛かります。
足場は職人さんが塗装作業を行う上での安全性を確保するための物ですが、それ以外にも足場には大きな役割があります。

外壁塗装に掛かる費用はなるべく抑えたいところですが、足場の必要性を理解して頂ければ足場の費用の妥当性もわかってくることでしょう。

●Check Point●
こちらのページでは足場の単価相場や必要性、外壁塗装での足場にまつわる情報をお届けします。
足場に関する注意点を踏まえて、外壁塗装を成功できるように準備しましょう。

外壁塗装における足場の必要性とは

足場の必要性正直にいってしまえば、足場を使わない外壁塗装工事の方法もありますが、足場があることで受けられる恩恵が大きいため、大多数の工事では足場を組んで行います。
足場を組むことは、職人さんへのメリットだけでなく依頼主側にもメリットがあります。
足場を組む必要性は3つありますので確認していきましょう。

  • 職人さんの安全性を確保する
  • 作業効率を高める
  • 塗料の飛散を防ぐ

職人さんの安全性を確保する:外壁塗装の足場の必要性①

足場の安全性外壁塗装の工事には当然ですが高所作業が伴います。
規模の小さい建物であっても、人の手だけでは届かない箇所があるので足場かはしごを使いますが、落下の危険性を可能な限り下げるために足場を組む必要があります。

外壁塗装中の落下事故は足場があっても毎年起こってしまうものですので、その可能性を限りなく下げるため、そして職人さんの人命を守るために足場の必要性があります。

作業効率を高める:外壁塗装の足場の必要性②

足場の作業効率足場の必要性は作業効率にも表れます。
足場があることで職人さんの作業がしやすくなり、作業効率を高める効果があります。
外壁塗装の作業の進行速度が早まり工期を短くすることが出来ます。

また、安全度の高い足場を組むことで、塗装作業に集中して取り掛かることができるので、高品質な仕上がりとなります。
外壁塗装では丁寧な作業が求められます。
作業に集中できる分、塗りムラや塗り残しといった不具合を回避するためにも足場の必要性があります。

塗料の飛散を防ぐ:外壁塗装の足場の必要性③

足場の飛散防止外壁塗装の足場を設置する際は全体に飛散防止シートを取り付けます。
外壁塗装では塗料の飛散や洗浄の際の水しぶきが飛び散ります。
足場・飛散防止シート無しに外壁塗装をすると近隣の住宅へ飛散してしまい、ご近所トラブルにも発展しかねません。
トラブルを防止することは依頼主のためにもなりますので、足場を組むことの必要性を理解していただけたのではないでしょうか。

>>外壁塗装でのトラブルを紹介

外壁塗装の足場に必要な費用と単価相場

外壁塗装の足場は職人さんにとって、そして依頼主のみなさんにも十分な必要性があることがわかりました。
次は足場の費用についてみていきましょう。

足場には種類があり、それぞれ費用が異なります。
外壁塗装の足場の設置にはそのメリットに応じた費用が必要になりますので、それぞれの足場の特徴も併せて紹介していきます。

足場の種類別の特徴と費用

足場の種類として今回は3種類取り上げていきます。
費用が安い順からから

  • 単管足場
  • 単管ブラケット足場
  • くさび式(ビケ)足場

となっております。
くさび式(ビケ)足場以外の足場は現在は使われる現場も限られておりますので、比較・参考のために紹介していきます。
3種類の足場の特徴と単価相場は以下の通りです。

・単管足場の特徴と費用

最も単価相場の安い足場です。

単管足場は最近ではなかなか採用されておりません。
実際に作業する際の足場はパイプ2本のみとなり、安全性が極めて低いためです。
作業に集中できず、作業効率も低いのですが、敷地面積が狭い場合は現在でも採用されることもあります。

単管足場にかかる費用は単価600~800円/㎡程度が相場になります。

・単管ブラケット足場の特徴と費用

単管足場よりは安全性が高まります。
足元に足場板を乗せますが、ブラケットと呼ばれる支持具をボルトで留めるので、揺れには弱くなります。
住宅に合わせてブラケットを組み合わせるため、手間と時間がかかってしまいますが、こちらも足場の設置面積に制限がある場合に使われます。

単管ブラケット足場にかかる費用は単価800~1,000円/㎡が相場です。

・くさび式(ビケ)足場

現在最も採用率の高い足場が「くさび式(ビケ)足場」となります。
ブラケット(支持具)をハンマーで差し込む組立て方法を取りますので、足場の設置時、解体時に手間と時間がかからないことが特徴です。
揺れも少なく、安全性が高いため、職人さんが作業に集中できますので、現在最も普及している足場になります。

くさび式(ビケ)足場にかかる費用は単価1,000~1,200円/㎡が相場となります。
3種類の中で最も高い単価相場ですが、安全性や仕上がりの品質を考えますとくさび式(ビケ)足場が選ばれる理由もわかります。

迷ったらくさび式(ビケ)足場にしましょう

いずれにせよ外壁塗装には絶対的に必要となるのが「足場」です。

費用対効果を考えると、くさび式(ビケ)足場が一番のおすすめです。
業者からの提案で足場の種類を知らされていない場合は確認するようにしましょう。

中にはくさび式(ビケ)足場の単価相場で計算された見積もりで、実際は単管足場を採用する業者もいますので注意して下さい。

足場の種類 単価相場 特徴
単管足場 600~800円/㎡ 最も安い足場の種類だが、安全性が極めて低い
単管ブラケット足場 800~1,000円/㎡ 安全性が高まるが手間がかかる。
くさび式(ビケ)足場 1,00~1,200円/㎡ 安全性が最も高く、現在最も使用されている

外壁塗装の足場の費用はなぜこんなにかかるのか

ここまで見てきて「外壁塗装には足場の必要性は分かったけれど、なぜここまで値段が高いの?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なぜ高い費用が必要となるかと言いますと、外壁塗装工事は1日で終わるものではないからです。
外壁塗装工事は完成までに約10日~14日ほどかかる工事です。

設置している日数が長くなるので当然その分の費用が発生することになります。
1日で終わる工事であれば安く収まるのですが、外壁塗装工事の足場の費用は日数分の費用が掛かるということを理解しておきましょう。

外壁塗装をDIYする場合も足場は必須

外壁塗装のDIYをお考えの方も多くいるのではないでしょうか。
外壁塗装にかかる費用を抑えることがDIYの大きなメリットですが、外壁塗装のDIYでも足場の必要性は同じです。

外壁塗装のプロである職人さんでも足場を設置して作業を進めるわけですから、当然、素人が作業するときには足場を設置することになります。
足場の設置は自分で行うとやはり安全面に心配が残りますので、足場の業者に依頼することとなります。
通常外壁塗装業者に依頼するのと同様、DIYでも足場の費用は必要となりますので注意しましょう。

外壁塗装のDIYは足場の費用も高くなる

個人で足場の設置を依頼する場合は、外壁塗装業者を通すよりも高い単価相場となることもあります。

また、外壁塗装は業者に依頼すると通常は10日~14日間ほどの日数を要します。
DIYをするとなると休日を利用して行う方がほとんどですから、完成までに大体3か月ほど掛かります。
そのため、設置期間が長くなりますから当然掛かる費用は高くなることにも注意して下さい。

外壁塗装する際の足場に関する注意点

足場を組む際にはいくつか注意点があります。
外壁塗装では足場を組むことが必須になりますので、これらの注意点を押さえ、足場に関する失敗のないようにしましょう。

・足場の設置前に近隣に伝える

足場の組立てと解体の際に大きな音が出ます。
事前に周りの方にお知らせをしておかないとクレームが入ってくる場合もありますので、しっかりと周知させておく必要があります。
外壁塗装を業者に依頼した場合は、たいていの業者は事前に工事の挨拶とともにお知らせをしてくれます。
トラブル防止のためにも、同席できるようなら一緒にあいさつ回りを済ませておくほうが良いでしょう。

・2階以上の戸締りも入念に行う

足場を組むということは簡単に2階以上の複数階に上がれてしまうということです。
足場が設置されている最中は、いつも以上に防犯意識を高めておくことに注意してください。
隣のお家との距離が近い場合は足場があることで、お隣のお家にも侵入しやすくなってしまいますので、あいさつ回りの際に一緒に戸締りに気を付ける旨を伝えると良いでしょう。

・「足場無料」を謳う業者には要注意!

「足場に掛かる費用をサービスします!」と言ってくる業者には注意しましょう。
これまで見てもらった通り、足場の費用はサービスできるほど安い金額ではありません。
足場に掛かる費用が無料になった代わりにほかの作業項目の費用が高くなっているはずです。
足場の必要性・重要性を軽視しているような業者は少々信頼を置きづらいので、他の業者にも相談すると良いでしょう。

外壁塗装のいろは『工事編』に戻る