【いくら掛かるの?】外壁塗装の費用相場は知っておきましょう!~30坪編~

30坪外壁塗装相場

30坪の建物の外壁塗装に掛かる費用の相場を紹介していきます。
お住まいの形や種類によって費用が変わる外壁塗装ですが、自分のケースに近い形の相場を知っておくと外壁塗装の業者選びに非常に役に立ちます。

●Check Point●
自分のお住まいの相場をある程度知っておかないと、正しい費用なのかの判断がつきません。
およそ30坪の大きさのお住まいの方は参考にしていきましょう!
この記事を読んで分かること
  • およそ30坪のお住まいにかかる外壁塗装の相場が丸分かり
  • 外壁塗装での費用の決め方、計算方法が分かる
  • 安い外壁塗装の危険性、注意点が分かる

30坪の外壁塗装に掛かる費用・相場とは

見積書イメージ

では早速30坪の建物の費用の相場を紹介します。

外壁塗装の費用は使用する塗料のグレードや機能によって変化します。

今回は一般的に外壁塗装に使われる塗料である「シリコン塗料」と、耐用年数の長い「フッ素塗料」の30坪の相場を例に挙げていきます。

30坪の相場 シリコン塗料 フッ素塗料
外壁塗装全般に掛かる費用相場 75万円~ 120万円~
外壁塗装 30万円~ 50万円~
屋根塗装 20万円~ 35万円~
足場代 10万円~ 10万円~
付帯部塗装・その他 15万円~ 25万円~

シリコン塗料を使用した外壁+屋根塗装の相場は、およそ75万円~になります。
耐用年数の長いフッ素塗料ですと、相場は120万円~くらいの費用になります。

塗料のグレードには、ほかにもアクリルやウレタン塗料という安い塗料がありますが、現在は耐用年数の低さから使用されることは少なくなりました。
通常、外壁塗装業者もこちらから指定しなければシリコン以上のグレードの塗料をおすすめしてくることでしょう。

●Check Point●
もちろん、今回紹介した30坪の相場はあくまで例です。
そして最小値で表していますので、お住まいの形状劣化症状によっては費用は上がることになります。

外壁塗装の費用・相場の決め方とは

メジャーイメージ

前述もしましたが、外壁塗装で掛かる費用はお家の形状によって変わります。
シリコン塗料やフッ素塗料といった、使用する塗料のグレード以外にも、お住まいの大きさや形状によって外壁塗装の費用が変わってくるということです。

外壁の「面積」と作業の「単価」で外壁塗装の費用が決まる

外壁塗装の費用が決まる一番の要素を押さえておきましょう。

【 外壁塗装の費用 = 外壁(作業)面積(㎡) × 単価 】

これが外壁塗装の費用を決める基本的な式になります。
見積書にもこの式で表記されていることが多く、外壁塗装に掛かる費用が決まる根拠となる大事な項目です。
見積書に作業面積や単価の記載がない業者には十分に注意して下さい。

>>外壁塗装の見積依頼前に必ず読んでおきたい!『正しい見積書』とは

また、建物の大きさを表す単位として「坪数(延べ坪)」がありますが、これは外壁の面積を表すものではありません。
しかし、坪数(延べ坪)からも外壁(作業)面積を計算することができますので、下記の式を使って外壁の面積を求めてみましょう。

【 外壁(作業)面積(㎡) = 坪数(延べ坪) × 3.3 × 係数(1.2~1.7) 】

坪数(延べ坪)とは2階建ての場合、1階と2階の床面積(坪数)を合わせたもので計算してください。
30坪の延べ坪の場合で例を挙げますと、1階が15坪で2階が15坪だったり、1階が20坪で2階が10坪のようになります。

建物の高さや形状によって外壁の面積は変わりますので、「係数」を掛けます。
例えば、30坪でも少々外壁の面積が大きいと感じる方は1.7に近い係数をかけてみて下さい。

同じ坪数の建物でも外壁の面積は変わる

それでは建物の形状によって外壁の面積が変わることが良く分かる例を紹介します。
同じ坪数でも外壁の面積が変わるということを実感してみて下さい。

分かりやすいように、外壁が正方形と長方形の面積を比べてみましょう。

外壁塗装面積

いかがでしょうか。
正方形と長方形の外壁の面積では40㎡もの差が生まれます。

塗装作業を行う面積に対して作業単価を掛け合わせたものが外壁塗装の費用となりますので、当然外壁の面積が大きくなる長方形の建物の方が費用が高くなります。

複雑な形状をしている建物であればそれだけ外壁塗装に掛かる費用は高くなりますので注意しましょう。

●まとめ●
相場は一つの判断材料とはなりますが、作業面積によってはあてにならない場合もあります。
お家それぞれに相場があるということを認識して、複数社から見積もりを取ることが成功の秘訣です!

外壁塗装は”安い”費用に惑わされてはいけません!

悪徳業者

外壁塗装ではただ安いことが正しいとは言えない世界です。
ネットでも「安い業者に頼んだけど半年もしないうちに塗装が剥がれた」なんてトラブルがたくさん報告されています。

一見安い見積もりは魅力的に見えますが、相場からかけ離れた費用には落とし穴があります。

外壁塗装の良し悪しは”いかに手の込んだ作業をするか”に掛かっています!

費用が安いということは、十分な人員を配置せず、工期短縮のために手を抜いた塗装がされるケースが多いです。
また、使用する塗料を予定していたものとは異なるものを使用される場合もあります。

繰り返しにはなりますが、相場よりも異常に安い金額の場合は、手抜き工事をされてしまう可能性があります。
大切なお住まいを守るためには、外壁塗装の費用がどのように決定するかを知り、正しい見積もりなのかを確認しましょう。

●Check Point●
外壁塗装は製品を購入するものではありませんので、費用が安い=正しいものではありません。
相場よりも高いのはもちろん、安い見積もりの場合も注意しましょう!

よく耳にする「モニター価格」ってホント?

とはいっても外壁塗装に掛かる費用はできるだけ安く抑えられることに越したことはないものです。

外壁塗装業者を探していると「先着〇名様限定価格」といった営業トークや、「○○万円で塗装します!」といった広告を目にすることもあるでしょう。

また、「弊社のモニターになってもらうことで今なら○○万円でできます!」といった、大幅値引きを謳う業者もいます。

これらのよくありがちな営業トークは、実際のところ本当なのでしょうか。
消費者目線からは気になるところですよね。

実際には先着価格やモニター価格は、最終的には表示金額よりも高くなることが多いです。

というのも、工事内容が明確でないものが多く、塗料代のみや、外壁塗装代だけの金額のケースである可能性が高いです。
つまり、屋根塗装や付帯部塗装、足場といった「外壁塗装工事」に必要となる費用が含まれていないため、期待していた金額よりも高くなってしまうのです。

また、塗装面積によって費用が変わるのが外壁塗装工事ですので、現地調査で実際に面積を測ると表示金額よりも高くなるケースもあります。

モニター価格の他にも大きな値引きをして、金額を魅力的に見せる営業手法もあります。
値引きは一見すると魅力的に見えますが、元々の金額が高く設定しているだけの場合もありますし、そのほかの注意点も押さえておきましょう。

●Check Point●
よくある誇大広告を使った営業トークに惑わされないようにしましょう!
相場からかけ離れた費用・金額には何かしら落とし穴があります。

30坪の外壁塗装の相場・費用まとめ

外壁塗装を成功させる最大のポイントは業者選びを念入りに行うことです。

ここにある30坪の例である程度の費用相場の参考になったと思いますが、今一つご自身で実感がわいてこない方もいらっしゃるかもしれません。

外壁塗装はそう何度も経験することがないものですので、誰しもが不安を抱えるものです。
私たちらくらくペイントでは、お客様に満足してもらえるサービスの提供を目指しております。

あなたのお住まいで実際にどの位の費用になるのか、気になる方はぜひ無料見積もり依頼をご利用ください。