格安・激安の見積もりに注意!安すぎる見積もりに隠された秘密を教えます!

格安激安の落とし穴

外壁塗装は、家を長持ちさせるために欠かせないものです。
とはいえ、費用もそれなりにかかるし、すぐに手が出せるものでもありません。

そんな時に、ついつい目に入ってしまう「格安」「激安」と謳われる外壁塗装の見積もりに隠された大きな罠について紹介していきます。

この記事を読んで分かること
  • 格安・激安の裏に隠された悪徳業者の秘密
  • どうして安くできるのか、「格安見積の罠」実例を紹介
  • 外壁塗装は値段以上に品質を優先すること

『格安』『激安』の外壁塗装の大きな罠

誰しもが安い値段で外壁塗装が出来たらいいなと思っていることでしょう。
外壁塗装は決して安い買い物ではありませんし、「外壁塗装は安ければ良い」というわけにもいきません。

たしかに「格安」・「激安」といった言葉には魅力がありますし、真偽は別としても出来るだけ出費を抑えたいという気持ちもあります。
しかし、家を守る役割を持つ外壁塗装においては注意すべき言葉でもあります。

格安・激安を謳う業者に注意

特に訪問販売で突然来た業者の「うちは格安で外壁塗装できます」「今なら激安キャンペーンをしています」といった営業トークには気を付けてください。
蓋を開けてみれば相場よりも変わらない価格だったり、酷い時には相場の価格よりも高い場合もあります。

悪徳業者は「格安・激安」の持つお得感を利用して騙そうとしてきますので、絶対に信用してはいけません。
悪徳業者が使う値引きの手口に関しても確認しておくと良いでしょう。

見積もりが格安・激安だと何が良くないのか

中には他と比べても非常に安い見積もりを提出してくる外壁塗装業者もいます。
一見するととてもありがたいことですが、中には危険をはらんでいる場合があります。
では一体、格安・激安の見積もりの何が良くないのでしょうか。

格安・激安見積もりの罠①【質の悪い塗料を使用】

塗料の値段と耐用年数

格安・激安の見積もりは、質の悪い塗料を使って費用を抑えようとする場合があります。
中には、見積もりでは良いグレードの塗料で出しておきながら実際に使う塗料はグレードの低い塗料で施工されていた、なんてこともあります。

質の悪い塗料では耐用年数も短く、コストパフォーマンスも悪いので結果として、必要以上に費用が掛かってしまう場合もあります。

また、業者の中には「オリジナル塗料を使うから安くて高品質に塗装出来ます」と言ってくる者もいます。
オリジナル塗料とはその外壁塗装業者や住宅メーカーがOEM(相手先ブランド製造)で出している塗料で、一般には流通していません。
名の知れていない塗料は品質や口コミを知ることができないので、おすすめできません。

格安・激安見積もりの罠②【手抜き工事の可能性】

価格を下げるためには通常の工事をしていたら業者としても利益を確保できません。
価格を下げた分、工事の内容にしわ寄せがきて手抜き工事になる恐れがあります。

手抜き工事の方法は大きく下記の2つの方法が考えられます。

  • 人件費を削る
  • 材料費を削る

それではこれらの2つの方法の内容を見ていきましょう。

人件費を削る

外壁塗装にかかる費用の約30%は人件費といわれています。
工期を短くするために通常で行う作業を簡易的に済ませたり、配置する人員を減らすことで人件費を抑えます。
人件費を削ることで、品質を下げ、せっかくの塗装が数年で剥がれたり不具合が生じてしまいます。

材料費を削る

材料費も外壁塗装の費用の約30%を占めています。
材料費を削るためには通常3回塗り必要なところを2回で済ませます。
塗る手間も省けますので人件費を抑える効果もあります。
塗料を規定の希釈率よりも薄くして塗布することで塗料代を浮かすこともできます。

手抜き工事二回塗り

結果として、メーカーが定めている膜厚には届きませんので、本来の塗料が持つ効果を発揮できません

格安・激安見積もりの罠③【後から追加工事を請求される】

最初の見積もりは格安にしておいて契約しておいて、後から追加工事が発生したとしてその追加工事分の請求をしてくる業者もいます。
この場合は、見積もりの詳細がなく、「一式」で出してきますのでチェックしておきましょう。

格安・激安見積もりの罠④【パック料金も信用できない】

「パック料金だから安心です」と謳っている業者もいますが、実はこれも安心材料とは言い切れません。
なぜならその建物それぞれで塗装面積は違いますし、劣化症状もまた異なります

使う塗料の量もそれぞれ異なるものですので、外壁塗装においてはひとまとめにすることはできないのです。
その家にあった外壁塗装が出来ないと、外壁塗装をする意味もなくなってしまいます。

また、③でもあったようにパック料金の場合も、追加料金を請求されるケースが起こりえます。

怪しいと思ったらすぐに相談すること

格安・激安の見積もりだけに限ったことではありませんが、契約前に少しでも心配がぬぐえなかったり怪しいと思うようなら、一度その契約の前にほかの外壁塗装業者にも相談することをおすすめします。

また、もうすでに契約を結んでしまったけど業者のことを正直信頼しきれていない、という方はすぐに「クーリングオフ制度」を確認することをおすすめします。
クーリングオフ制度は契約から8日間以内に手続きを済ます必要はありますが、その契約を無効にできる制度です。
もし、納得できていない契約を結んでしまった方がいるようでしたら、すぐにクーリングオフの手続きを確認しましょう。

関連記事:外壁塗装のクーリングオフってどうやるの?

安いだけがすべてではないのが外壁塗装

価格と品質・技術

外壁塗装では『格安・激安』がいかに危険なのかわかりました。
品質が伴っていなければ、いくら安くても外壁塗装が無駄になってしまいます。

外壁塗装を成功させるための秘訣は、価格だけで外壁塗装業者を選ぶことは控えることです。
安物買いの銭失いにはならないよう、「格安・激安」を謳う業者には注意してください。

私たち楽々ペイントでは、「高品質で適正価格」の外壁塗装を提供しています。
外壁塗装で失敗したくないという方は是非ご利用ください。

>>楽々ペイントで無料現場調査・見積依頼<<

外壁塗装の見積もりは一社だけでは決めてはいけない!

外壁塗装では一社からのみの見積もりで依頼先を決めることはおすすめできません。

お住まいの形状や劣化の状態で金額が変わるのが外壁塗装です。
あなたのお家の見積金額はあなたのお家にしか当てはまりません。

悪徳業者からすると業者の都合で金額を決められますから相場よりも高い値段で見積書を提出してくることも予想されます。

相見積もりをして、金額を比較することでこのようなトラブルを防ぐことができますので、必ず、少しでも怪しいと思ったら他の業者にも相談してみると良いでしょう。

また、見積書を比較する際には、正しい見積書の見方が出来なければなりませんので、下記のページも参考にしてみて下さい。