外壁塗装業者比較!大手業者と地元業者のメリット・デメリット

大手業者・地元業者

外壁塗装をしようと決意したときに最初に決めるべきなのがどんな業者に塗装を依頼するのかということでしょう。
しかし、一般的に外壁塗装の知識や経験はそうあるものではないので、どの業者が優良業者なのか判断が難しいものです。

外壁塗装にはお金がかかるので、「少しでも安い業者を探したい」と思うところですが、値段だけでなく、お住まいを任せられる業者かどうかも外壁塗装の重要なポイントになります。

この記事を読んで分かること
  • 大手と地元、どちらの業者を選ぶべきか、判断の基準がわかる
  • 大手・地元それぞれの業者の特徴や費用面、メリット、デメリットがわかる
  • 各業者を比較して自分に合った会社を選ぶのがベスト

外壁塗装業者を比較!大手と地元どっちが安心?

大手業者と地元業者を比較

外壁塗装業者は大きく大手と地元の二種類に分けることができます。

大手業者とは、テレビコマーシャルなどを行っているような業者のことを指します。
また、戸建て住宅を建築している業者も外壁塗装の大手業者の一つです。
外壁塗装をどこに頼めばいいか分からず、取りあえず家を建ててもらった住宅メーカーにお願いしたという方も中にはいらっしゃるかと思います。

地元の業者とは、近所や同じ市町村内にあるような地域密着型の会社のことを言います。
大きな広告などを打たない代わりに、口コミや付き合い等で知ることが多いでしょう。
近年、HPを持つ業者も増えてきましたので、ネットからも探すことができます。

それぞれ大きく異なる業者ですが、特徴やメリット・デメリットについて知っておくと、お住まいを塗装したいと思った際に役立つでしょう。

大手外壁塗装業者のメリット・デメリット

大業者のメリット・デメリット

まず、目にすることも多い大手の業者に依頼するメリットとデメリットをご紹介します。

大手業者のメリット:実績数が多い

一つは豊富な実績とノウハウでしょう。

大きな業者ではある地方、場合によっては全国に展開しているので依頼を受ける数が地元の業者とは異なります。
数百件、時には数千件の依頼を受けて仕事をこなしていきます。

そうするとありとあらゆる家の形状、状態を経験しているので今の家がどんな状態であったとしてもしっかりと塗装をしてくれることでしょう。
外壁塗装を行う上で経験はとても大きな武器になるので、大手の業者に依頼することにはメリットがあります。

大手業者のメリット:工事後の対応

さらに大手の業者は保証が比較的しっかりしていることが多いです。
大手の業者では万が一の場合に備えて保険に加入していることがあります。
何か事故があっても安心です。

さらに保証やアフターケアが手厚いというのも大手業者の強みです。
仮に担当者が代わったとしても工事情報の管理がしっかりしているので、どのような症状で、どのような工事を行ったかを業者側で把握しています。
次回の外壁塗装で同じ業者にお願いすればこのような工事情報の管理の元、適切な外壁塗装をしてもらえます。

大手業者のデメリット:費用が高い

一方で大手の業者に依頼するデメリットはまず費用です。
多くの大手業者は自分たちで外壁塗装をすることはあまりありません。
住宅メーカーにお願いする場合も、同様に自分たちで外壁塗装をすることはありえません。

多くの下請けの職人を抱えていて、彼らに業務を委託して多くの外壁塗装を同時進行でこなしていきます。
すると利益を上げるためには見積もり額を上げる必要が生じます。

なかには孫請け業者まで業務委託をしていることもあります。
そうなりますとさらに中間マージンが発生して、通常の金額よりもっと大きな額になってしまいます。

この点でトラブルになりやすいのが営業マンと職人とのコミュニケーション不足です。
営業マンが費用について説明していても、実際に施工する人は別の人なので金額や施工方法についてトラブルが生じることがあり得ます。

手抜きは少なくてもやや高額になりがちというのが大手業者の外壁塗装の特徴となるでしょう。

地元の外壁塗装業者のメリット・デメリット

地元業者のメリット・デメリット

一方で地元の業者の場合、メリットもデメリットも大手業者とは異なります。
地元の業者に外壁塗装を依頼する大きなメリットは、その地域のことをすべて知り尽くしているということでしょう。

地元業者のメリット:地域の特性を理解している

家がある地域によって風の強さや湿気、気温などは大きく異なります。
その土地によっては起こりやすい劣化症状があることもあります。
その点を知らずにただ外壁塗装をすると耐用年数が下がってしまう恐れがあります。
せっかく良い塗料を使ったとしてもその塗料の力を発揮できず、またすぐ外壁塗装を施さなければならなくなる可能性もあります。

地元の業者はその地域の気温や湿度などに詳しいので、その地域に合った塗料や塗り方を提案してくれるでしょう。

地元業者のメリット:費用を安く抑えることができる(無駄なマージンがない)

自社施工をしている会社が多く、下請けや孫請けが存在しない会社が多いので、中間マージンが発生せずに費用が比較的安くすみます。

外壁塗装では一回でかかる費用が決して安いものではありません。
できることなら金額を抑えたいのが皆さんの願いですよね。
大手業者と比べて間に入る業者がいませんので、その分、余分にかかるお金がないということになります。

地元業者のデメリット:優良業者かどうかの見極めが必要

一方でデメリットもあります。
例えば地元の業者は小さな会社であることが多いのでアフターケアを受けるのが難しいかもしれません。
また、地元の業者を知人から紹介してもらう機会があるかもしれませんが、そうなると断りづらくより良い見積もりを出してきた業者があってもそちらを選べないという問題もあります。

さらに、大手とは違い口コミなども少ない地元の業者は良し悪しが分かりにくく、しっかりと良い会社を見極めなければならないでしょう。

なかには悪徳業者もいます。
塗料を必要以上に薄めて塗装し、その分の塗料代を自社の利益としてしまう業者や、手抜き工事により、工期を短くして人件費を安く済ませようとする業者もいます。

そうなると塗料の効果が既定の耐用年数まで持たず、外壁塗装の期間が短くなってしまい余計な費用が掛かってしまうことになってしまいます。
悪徳業者に当たるとお金だけ浪費してしまい、また別の塗装会社に塗装を依頼しなければならなくなるということさえ起りえます。

ただ安い業者が良いということは決してありません。優良業者であれば高品質を適正価格で工事してくれます。

外壁塗装の見積もりは1社だけでなく各業者の比較が必須

複数の見積

こうしたメリットとデメリットを考えると、複数の業者の見積もりを取ることが重要であるということがわかります。
大手業者で一つか二つ、地元業者で一つか二つといった具合です。
そうするとどこがもっとも安いのか、どこがもっとも質の高い仕事をするのかといったことがわかるようになります。

その比較をしたうえで、費用と仕上がりを考慮してどの業者に依頼するかを決めることができるでしょう。
いくつかの業者で見積もりを取るというのは意外と時間や手間がかかるので大変なのですが、少しでも良い仕事をしてもらうためにも最初に時間をかけて業者を選定するようにしてください。

楽々ペイントでは外壁塗装は地元業者に頼むことをおすすめしています。
その理由は以下の通りです。

  1. 地域特性を理解している
  2. 費用を安く抑えられる(無駄なマージンがない)
  3. 保証は自社で用意

腕が確かだけど大手業者のように世間にはあまり認知されていない外壁塗装業者はたくさんいます。
地域に根付いて活動しているとなればなお、大手業者より知る機会は少ないと思います。

私たちは独自の判断基準を設け、その地域で活躍している厳選された地元業者と提携しています。
また、楽々ペイントとして保証やアフターフォローにも力を入れています。
地元業者に頼みたいけど優良業者を探すのは大変だというデメリットも解決できますので、まずは自動概算お見積りサービスからご利用してみてください。

地元業者と提携している楽ペンで見積依頼してみる