DIYで屋根塗装する場合でも足場設置は必須!

屋根塗装DIY足場必要

屋根塗装をDIYで行い、成功させようと思ったら何より大切なのが安全性です。
案外屋根位なら登ってしまえると考えている方も多いのではないでしょうか。

そこでDIYをしようとして屋根塗装の業者にならって準備を整えながら考えるのは、足場っているのかな?ということです。
なぜなら、はしごで屋根に登ってしまえば、それほど足場が必要とは思えないからです。

屋根塗装をDIYで行うとき、足場がなければ安全性は確保できないのでしょうか?

この記事を読んで分かること
  • DIYで屋根塗装を行う場合の安全性とは
  • 足場の費用の目安
  • DIYで屋根塗装を行う際には安全性の高い足場を選ぶ

DIY屋根塗装で足場って必要?

屋根塗装をDIYで行う一番の理由は、費用の節約と答える方が少なくありません。
となると、削れるものは何でも削りたいと考えるのが人の気持ちですね。

なかでも削れないのは、塗料や塗料を塗る道具などなどです。
洗浄や補修も自力で行うことで節約できます。
ここで、足場の必要性に行き当たります。

はしごがあれば屋根には登れますし、屋根に登れば、あとは何とかなりそう…という気がしてきます。

しかし、この想像は塗料の缶を持って、屋根に登ったことがないから言えることです。

足場は必須!屋根塗装は意外と危険

足場の高さ

現在、日本の住宅の天井高は、2.2~2.4mが平均です。
この上に屋根が載っているのですから、平屋の家でも屋根の上の高さは2.5~3mになるはずです。
一般的な住宅は2階建て、最近は3階建ても増えています。
となると、屋根は6~10m近くの高さになるというわけです。

万が一落下したとすると命に関わる高さといえます。

厚生労働省は2m以上で足場設置を義務付け

このように高い場所で仕事として作業を行う場合、厚生労働省は2m以上の高さで足場を設置するよう義務付けています
DIYで行う場合は、義務にはあたらないかもしれませんが、それほど危険だということです。

それならと、足場を自分で設置すれば少しは節約できるかも…と考えるかもしれませんが、足場はきちんとした計算の上に成り立っているものです。
ですから、素人考えで組み立てるのは禁物です。
プロが利用する足場の組み立ては、足場の組み立てができる国家資格を持った技術者が行っているのです。

足場だけはプロに組み立ててもらうのがおすすめです。

足場代は塗装業者に払う費用の約2割?

なぜ足場代を節約したくなるかといえば、費用が高額だからですね。
屋根塗装を丸ごと業者に頼んだ場合、かかる費用の2割が足場代といわれています。

以前は、個人で足場の設置を依頼するのは難しいことでしたが、現在は個人宅からの依頼に対応する業者も増えています
若干割高になるかもしれませんが、上記に紹介している費用の2割を目安に見積もりなどを取り、足場の部材をレンタルし、プロに組み立ててもらうのがおすすめです。

ただし、DIYで屋根塗装を行うと、休日を利用してぽつぽつと行うことになりますから、予備期間を含めて長めにレンタル期間を設定するようにしましょう。

足場のレンタル期間は分かりますか?

塗装作業は通常洗浄養生下地処理下塗り中塗り上塗りといった手順を踏みます。
そして、各作業の間には乾燥時間を設けなければなりません。
乾燥時間は強固な塗膜を形成するには不可欠ですから、1日にできる作業は限られることがあることを想定しておきましょう。

また、当然のことながら、DIYの作業を行うのは素人なのですから、同じ作業を連日することもあります。
スケジュールの立て方にも注意しなければなりません。

屋根塗装だけでも一人で行うなら大体7日間は作業することになると考えておきましょう。
また、雨の日は作業が出来ませんので予備日をスケジュールに組み込む必要があります。
大体12日前後は作業日として確保することになります。

すると、足場の設置・解体の日も加えると、休日の日数を加味するとレンタル期間は約2か月となります。
屋根塗装のDIYは約2か月間のレンタル分の費用が発生することを覚えておきましょう。

安全を守るために設置する足場の種類

足場があればすべての作業効率が上がるので、足場を設置しないで屋根塗装をDIYで行うよりも早めに終わるはずです。

DIYで屋根塗装を行う場合に設置する足場の種類を確認しておきましょう。

安定して作業ができるくさび式足場(ビケ足場)

くさび式足場2

 

低コストで組み立て・解体がしやすく、作業する人が安定して立つスペースがあるのが特徴の足場です。
DIYで屋根塗装を行うには、作業もしやすく、一番おすすめなのがくさび式足場(ビケ足場)できます。

難点は、足場を設置したり解体したりするときに、ハンマーでパイプをたたくため、大きな音が出ることです。
設置の際にご近所への配慮が必要になります。

また、外壁から最低90cmのスペースが必要となるため、塀や植栽との間が狭い場合、足場が組めない、あるいは隣の敷地を借りて設置するといったことになります。

狭いスペースでも設置できる単管ブラケット足場

単管と呼ばれる長い鉄パイプを使用して組み立てられます。
シンプルな足場で、40cmほどのスペースがあれば組み立てられるので、ビケ足場が設置できない場合に使用されます。
踏板を設置できるので、DIYで屋根塗装をする際も、作業のしやすさは保てます。

金具で組むため、強風などに対して強度があるのが特徴です。
とはいえ、DIYを趣味としていても素人にはちょっと難易度が高めといえます。

DIYには難易度高めの単管足場

DIYで屋根塗装を行おうと思ったら、もっとも難度が高い足場がこれです。
これは、2本の鉄パイプを合わせて職人が立つスペースを作りつつ組み立てられる足場です。
パイプとパイプの間に隙間があるため、足元は最も不安定です。
屋根塗装の作業も不安定な中で行わなければなりません。

屋根勾配が急な屋根に必須の屋根足場

屋根勾配

屋根の勾配が急な場合は、屋根にも足場が必要になります。
屋根塗装のプロが行う場合一般的に、屋根の勾配が5寸以上、度数にして26.6度以上で設置します。
また、海の近くなど風が強い地域でも設置することがあります。

DIYで屋根塗装を行うなら、屋根足場があれば安全面で安心できますね。

DIYで屋根塗装を行う場合の足場まとめ

DIYで屋根塗装を行う場合の安全性を考えたとき、多少費用がかかっても、足場を設置することは必須といえます。
なぜなら、足場を設置しないことでどれだけ節約できたとしても、ケガをしたり、ケガの後遺症が残ったり、命を落としては元も子もないからです。

DIYの技量と自身の体力などを考慮して、足場設置の業者に相談するのがおすすめです。