屋根・外壁塗装よくある質問

屋根・外壁塗装に関する質問

屋根・外壁塗装にまつわる質問と回答をまとめました。
より詳しい解説ページのリンクも併せて載せていますので、良ければご利用ください。

下記の項目から、各質問に飛ぶことができます。

屋根・外壁塗装全般に関する質問
1.なぜ塗装が必要なの?
2.屋根・外壁塗装工事って何をするの?
3.屋根・外壁塗装のタイミングが分からない
4.屋根・外壁塗装はどれくらいもつの?
5.屋根・外壁塗装に掛かる費用はいくら?
6.付帯部の塗装って必要ないんじゃないの?
7.塗装の時期を知らせる目印はありますか?
工事内容に関する質問
1.塗装って3回も塗る必要ってあるの?
2.雨の日の屋根・外壁塗装工事はなぜできないの?
3.塗料の臭いはやっぱり気になる?
4.屋根・外壁塗装の工事期間はどれくらい掛かる?
5.工事期間中は洗濯物は干せる?
6.塗装中は窓は開けられるか?
7.エアコンは使っても大丈夫?
塗料に関する質問
1.塗料の「グレード」ってなに?
2.塗料のグレードはどれがおすすめ?
3.水性塗料と油性(溶剤)塗料の違いとは?
4.一液型塗料と二液型塗料は何が違うの?

屋根・外壁塗装に関する質問

1.なぜ塗装が必要なの?

塗装には「建物の保護」と「美観を整える」という2つの目的があります。
塗料の性能によりまちまちですがおよそ10年経つと防水性が失われて、外部からのダメージを受けやすい状態となってしまいます。
外観が美しくなるだけではなくて、お住まいの寿命を延ばすために外壁・屋根塗装が必要なのです。
>>外壁塗装を放置していませんか?防水性の低下には危険が潜んでいます!

△質問に戻る

2.屋根・外壁塗装工事って何をするの?

外壁・屋根塗装工事はお家を塗り替えるものです。
ただ塗り替えるのではなく、外壁の下地の表面が整った状態でないと塗装してもすぐに塗料が剥がれてしまいます。
塗料がしっかりと密着するには洗浄、養生、下地調整、の各作業項目をいかに丁寧に行えるのが大切です。そのほか、外壁・屋根塗装工事の手順や作業内容はこちらを参照して下さい。
>>外壁塗装工事の手順の注意点とチェックポイント

△質問に戻る

3.外壁・屋根塗装のタイミングが分からない

目安となるのは前回の塗装から10年経っているかどうかです。
使用した塗料のグレードによってはこの限りではありませんので、注意してください。
また、劣化症状が進んでいる場合は早めに対処しなければなりませんので、気になる点がありましたら一度ご相談下さい。

△質問に戻る

4.屋根・外壁塗装はどれくらいもつの?

どの塗料を使うかによって耐久年数は変わります。
現在主流のシリコン系塗料では大体10~13年程度は持ちます。
また、シリコン系塗料と同程度の価格で15年前後は持つラジカル塗料も最近は人気ですので、一度検討してみると良いでしょう。
>>最新技術を用いた『ラジカル塗料』その人気の秘密は高性能だけではない!?

△質問に戻る

5.外壁・屋根塗装に掛かる費用はいくら?

お住まいの大きさや使用する塗料によっても相場は変わります。
シリコン系塗料を使用した平均的な大きさの30坪のお住まいですと大体75万円~くらいが相場になります。
あなたのお住まいの概算見積を確認したい方は見積依頼ページからお問合せ下さい。

△質問に戻る

6.付帯部の塗装って必要ないんじゃないの?

外壁・屋根塗装工事では付帯部(軒天、雨樋、破風板、幕板等)の塗装も一緒に行うのが一般的です。
塗装で保護する必要がない箇所もありますが、付帯部塗装をしないと付帯部のみ古ぼけた見栄えとなってしまいます。
せっかく足場を架ける以上、同時に行うと良いでしょう。

△質問に戻る

7.塗装の時期を知らせる目印はありますか?

「チョーキング現象」と「クラック(ひび割れ)」が外壁塗装の時期を知らせる代表的な劣化症状です。
チョーキング現象は紫外線による塗膜の劣化が引き起こす症状で、チョーキング現象が発生した外壁を触ると手に白い粉が付きます。
クラック(ひび割れ)は塗膜の耐久性が低下した結果、動きに対応できずに発生する劣化症状になります。

どちらも放置して良くなるものではありませんので、外壁塗装工事の補修作業や新たな塗膜を形成させることで改善されます。

△質問に戻る

工事内容に関する質問

1.塗装って3回も塗る必要ってあるの?

塗装作業は必ず3回塗りをしなければなりません。
一度目の下塗りは専用塗料を使い、その上から重ねる中塗り、上塗り作業は同じ塗料を使います。
下塗り用塗料は下地の調整と接着剤の役割を果たし、中塗り、上塗り塗料は建物を保護する機能が備わっており、重ね塗りをして初めて塗料本来の力が発揮されます。
この仕様は塗料メーカーが定めており、また希釈率も決められておりますのでこれを守ろうとしない業者には注意してください。

△質問に戻る

2.雨の日の屋根・外壁塗装工事はなぜできないの?

基本的には塗装工事は作業面が乾燥した状態でしか作業が行えません。
塗料に雨が混じってしまいますと、塗料本来の力を発揮できません。
雨上がりの作業もできないケースが多いので気を付けましょう。

△質問に戻る

3.塗料の臭いはやっぱり気になる?

昔の塗料と比べると臭いは少なくなりましたが、工事期間中は少々気になります。
気になる方は油性塗料ではなく、水性塗料を選ぶと良いでしょう。

△質問に戻る

4.屋根・外壁塗装の工事期間はどれくらい掛かる?

屋根・外壁塗装の工事に掛かる期間は、大体10日~14日間です。
お住まいの大きさや天候に左右されますので、実際に掛かる日数は工事業者に確認してみましょう。

△質問に戻る

5.工事期間中は洗濯物は干せる?

屋根・外壁塗装中は基本的には洗濯物を外に干すことはできないと考えて下さい。
洗濯物に塗料や臭いが付いてしまう可能性があります。
そのため、屋根・外壁塗装の工事期間中は室内干しするようにしましょう。

△質問に戻る

6.塗装中は窓は開けられるか?

窓を開けることは控えましょう。
塗料の臭いが室内にこもってしまう恐れがあります。
業者によっては養生によって完全に窓が開けられなくなる場合もあります。

△質問に戻る

7.エアコンは使っても大丈夫?

塗装工事中でもエアコンは使えるので安心して下さい。
業者がエアコンの室外機がちゃんと稼働することを考慮してくれます。

△質問に戻る

塗料に関する質問

1.塗料の「グレード」ってなに?

屋根・外壁塗装に使われる塗料は耐用年数や価格に応じて、「グレード」分け(厳密にいえば使われる顔料ごと)されています。
アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素といった4つのグレードに加えて、現在はラジカル塗料も人気のある塗料です。
>>外壁塗装で使われる人気の塗料や種類とは?塗料の情報まとめ!

2.塗料のグレードはどれがおすすめ?

屋根・外壁塗装でおすすめなグレードは「ラジカル塗料」です。
もちろん、ご用意できる予算にもよりますが、総合的に費用対効果の高い「ラジカル塗料」、次におすすめなのが「シリコン塗料」になります。
>>最新技術を用いた『ラジカル塗料』その人気の秘密は高性能だけではない!?
>>シリコン塗料の外壁塗装:特徴や耐用年数とは?

△質問に戻る

3.水性塗料と油性(溶剤)塗料の違いとは?

塗料は使用する前に液体で溶かすのですが、その液体が「水」か「溶剤」かの違いです。
水で溶かすなら水性塗料、シンナーなどの溶剤なら油性(溶剤)塗料になります。

水性塗料は人体に悪影響や臭いは少ないのですが、油性(溶剤)塗料の方が塗料の効果の持ちが長くなります。
>>外壁塗装で使われる水性塗料と油性塗料の違いは?

△質問に戻る

4.一液型塗料と二液型塗料は何が違うの?

いざ屋根・外壁塗装をするときに「硬化剤」を混ぜる手間を必要とするかどうかが、一液型と二液型塗料の違いです。
一液型は「硬化剤」がすでに配合されており、取り扱いが簡単です。
二液型は「硬化剤」を混ぜる手間と、時間が経つと塗料の効果が始まる分、取り扱いが難しいのですが、その分力強い塗膜を形成できます。

△質問に戻る