外壁塗装&屋根塗装は10年を目安にメンテナンスを!

新築当初は、艶やかだった外壁も年月を経れば、色があせたり、汚れが着いたり、劣化が目に見えてきます。
どんなに腕の良い職人さんが手掛けた外壁塗装でも、経年劣化には勝てません。

そこで外壁塗装や屋根塗装は、メンテナンスが必要になるのですが、メンテナンスの一番良いタイミングって、いつなのでしょうか?
外壁塗装や屋根塗装は、それなりに費用がかかるものです。
今の状態で済み続けることができるのであれば、メンテナンスはできるだけ先延ばしにしたいと思ってしまいますよね。

ですが、劣化が進み過ぎてお住まいに欠陥をもたらしてしまうのは本末転倒です。
正しいタイミングで外壁塗装や屋根塗装を行うための目安を確認しましょう。

この記事を読んで分かること
  • 外壁塗装と屋根塗装を行う目安は10年前後です。
  • メンテナンスが必要になるのは塗料の保護機能がなくなるから。
  • チョーキング現象、コケ・カビが目立つようなら塗装の目安。

目安は10年、外壁塗装&屋根塗装の時期

チョーキングサイン

外壁塗装や屋根塗装は、まずは10年を目安に行う計画を立てることがおすすめです。

屋根や外壁には、毎日毎日紫外線が降りそそぎ、雨や風が吹き付けます。
常に傷めつけられているので、目には見えなくても劣化は日々進んでいます。
ですから、あまり時間が経ちすぎると、目が届かない内部で問題が起こっているかもしれないからです。

とはいえ、よほど過酷な環境だったり、超強力な台風が来て破損した場合などは別です。
目に見える変化があった場合は、すぐに対応しましょう。

目安の10年は、思わぬ劣化を見逃さないために良いタイミングです。
見えない劣化が進んでしまうと、外壁塗装や屋根塗装だけではなく、外壁や屋根自体や、その内部の補修も必要になることがあるからです。
そうなると外壁塗装や屋根塗装に加えて修理の費用がかかり、思わぬ出費に悩まされることになってしまいます。

“塗料の耐用年数”が塗り替えスパンの目安

外壁塗装や屋根塗装を行う目安を10年としているのには、理由があります。
なぜなら、外壁塗装や屋根塗装に使う塗料の期待耐用年数が10年前後のものが多いからです。

外壁塗装や屋根塗装における塗料が果たす役割は、住宅の内部構造を守る大切なものです。
ですから塗料の耐用年数を目安に行うのがおすすめなのです。

塗料のグレードと期待耐用年数

塗料ランキング

外壁塗装や屋根塗装で使われる塗料は、樹脂塗料といって、合成樹脂を主原料にして作られています。
塗料にはアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素といった合成樹脂が多く使われています。
この合成樹脂によって塗料のグレードが決まり、グレードによって期待耐用年数に違いがあり、グレードと値段は対応しています。

グレードと期待耐用年数

  • アクリル塗料…4~7年
  • ウレタン塗料…8~10年
  • シリコン塗料…10~15年
  • フッ素塗料…15~20年

アクリル塗料は、目安の10年よりだいぶ短いですが、現在アクリル塗料を外壁塗装や屋根塗装に使う業者も施主もあまりいません。
あえて使う場合は、短いサイクルで外壁塗装が必要なことは承知して使い、外壁や屋根のイメージチェンジを短期間で図るなど、違う目的があるはずです。

現在、一般的に人気が高いのは塗料は、シリコン塗料です。
値段と耐用年数から割り出したコストパフォーマンスがもっとも良いからです。
期待耐用年数は、最長15年となっていますが、外壁や屋根に使われているコーキングの寿命が10年前後ですので、外壁塗装や屋根塗装を行う目安は、やはり10年と考えた方が安全です。

目安となる塗料の期待耐用年数とは

メンテナンス時期の目安となる期待耐用年数とは、具体的にはどのような症状が出るまでを指すのでしょうか?

それは、塗装した日から白い粉が着いたような症状となるチョーキングや、塗膜のひび割れがが進行し、浮きや剥がれなどの劣化症状が生じ始めるまでの期間のことです。

塗膜の保護機能や耐久性が維持されているぎりぎりの期間ですので、こうした症状はまさにメンテナンスの目安となります。

目安となる塗料の劣化症状とは

塗料の劣化の目安となる症状を確認しておきましょう。

症状の段階 症状 詳細 発症目安
1 ツヤがなくなる 新築のときのツヤがなくなる。防水効果はしっかりある。 約1~2年
2 色あせ・変色 色があせるなど、塗りたての頃からやや古びた印象に変化する。防水効果はある。
3 チョーキング現象 手で触るとうっすら白い粉が付く。防水効果は低下し始めている。 約5~6年
4 カビやコケが付く カビやコケが目立つようになる。 約6~7年
5 外壁・コーキングにひび割れが見られる 外壁にひびが入る。手で触ると3の段階以上にはっきりと揃い粉が手に付く。防水効果は落ちている。 約8~9年
6 塗膜がひび割れる、はがれる すぐにメンテナンスが必要な段階。内部への影響によっては補修も必要になる。 約10年

 

外壁塗装は10年を目安に行おうまとめ

外壁塗装や屋根塗装は、メンテナンスが必要なことはわかっていても、タイミングの目安がわからないという方のために、10年を目安に行うと良いことをご紹介しました。

その理由は、塗料やコーキングが持つ機能やその効果を持続できる期間を示す期待耐用年数が10年前後となっているものが多いからです。
目安のタイミングを逃さず塗装や塗膜の状態を確認し、手遅れにならないうちに外壁塗装や屋根塗装を行うことで、常に住まいを快適な状態に保てるはずです。