初心者必見!初めての正しい外壁塗装業者の選び方

必見

外壁塗装は持ち家がある方にとって非常に重要なものです。
家の壁がしっかり塗装されていれば家を長持ちさせることができます。

ですが、外壁塗装の初心者からすると、外壁塗装業者もいろいろで、実績のある評判の良い業者もいれば悪徳業者とも言える会社もあるので、業者選びはとても難しいものです。

非常に高いお金を払って家の壁を塗ってもらうのですから、資格や許可をしっかり持っている人に塗装してほしいですし、誰しもが失敗しない業者選びをしたいと思いますよね。

ではどうすれば見積もりの段階から外壁塗装を成功させる選び方ができるのでしょうか。

●Check Point●
業者選びでのチェックポイントを紹介していきます。
インターネットで見てもどこに注目していいか分からないという方も多いと思いますので、是非ご活用ください!

外壁塗装業者が資格・許可を持っているか【初心者必見!】

塗装作業風景

実績のある外壁塗装業者を見極める選び方のヒントは資格や許可を持っているかどうかという点です。
やはり、大切な家を任せるとなると、信用できる業者に頼みたいと思いますよね?

こちらでは外壁塗装初心者が気を付けてほしい資格のポイントをまとめていきます。

外壁塗装業者は資格がなくても塗装が出来ます!

外壁塗装が初めての方にとっては驚くべきことですが、塗装業を行うのに基本的には資格や許可は必要ありません
誰でも塗装業を営もうと思えばそうすることができます。 現在では何の資格もない業者が資格保有者に業務を丸投げしてマージンを取っているというケースも珍しくありません。

ですから本物の技術を持った実績のある塗装業者を見つける選び方をするためには、どんな資格・許可を持っているのかを見極める必要があるのです。

塗装工事業の許可を持っているか

まず選び方で注目すべきは塗装工事業という許可を持っているかです。
これは都道府県知事許可と国土交通大臣許可の二つの種類がありますが、どちらを持っていても確かな実績を持った業者であるということが言えます。

なぜなら塗装工事業という許可は10年以上塗装業の実績があることを意味しており、5年ごとの更新も行っているということだからです。

外壁塗装の資格を持った職人がいるか

加えて実際に外壁塗装をしてくれる人にも資格があるか知る必要があります。
例えば厚生労働大臣認定の一級塗装技能士、都道府県知事認定の二級塗装技能士などは試験を受けるだけでも実務経験や専門的な知識が必要になる資格です。

そのためしっかりとした塗装をしてくれると考えられます。国家資格を持っていたり特別な許可を持っている業者は高い実績を持っているのです。

>>外壁塗装の資格とは?資格でわかることまとめ

資格がなくても腕の確かな職人はたくさんいます!

外壁塗装の工事手順

外壁塗装業者のなかには塗装の技術に長けているが資格を持っていない業者が数多くいます
昔ながらの職人気質な職人さんであれば、資格がなくても技術でカバーできるという自信を持っている方も多いのが外壁塗装業者の特徴でもあります。
こうした腕の確かな職人が揃っている業者に外壁塗装が依頼できれば、仕上がりもよく、塗装の耐久性も保障されることでしょう。

初めての外壁塗装で優良業者と出会うには、事前準備を抜かりなく行うことが大切です。

初心者は資格を悪用する業者には要注意:外壁塗装の資格での業者の選び方・注意点

また、実は資格があってもそれを悪用する業者もいます。
「資格があるなら安心して任せられる」という心理を利用して、実は悪徳業者だったなんてこともあります。
外壁塗装を悪徳業者に依頼してしまうと、高額請求や追加請求、手抜き工事をされてしまうなんてこともありますので、注意が必要です。

よくあるのが、訪問販売の外壁塗装業者が「うちは資格があるから安心です」と言ってくるケースです。
外壁塗装初心者としては何となく信頼してしまいそうになってしまうフレーズですね。

訪問販売の外壁塗装業者は特に契約を取ることに必死になりますので、ことば巧みに消費者を安心させようとしてきますが、自分たちの利益のために資格を悪用してくることも想定出来ます。
もし、今ちょうど訪問販売がやってきていて、初めての外壁塗装をお考えの方は一度ご相談ください。

●まとめ●
塗装技術に定評があり、実績も多い外壁塗装業者は地域密着型の活動をしていることも多く世間に広くは認知されていません。
当サイトでは資格の有無に関わらず、実績があり、そして塗装技術のある優良業者を厳選していますので、初めての外壁塗装を検討する人は参考にしてください。

らくらくペイントでお見積もり依頼をしてみる

お客様の声や口コミから実績のある外壁塗装業者か確認【初心者必見!】

外壁塗装チェック

次に実績ある業者の選び方を決めるヒントは、実際にその外壁塗装業者を利用した人の口コミを確認するということです。
初心者にとって、外壁塗装業者の評判を一番手っ取り早く知る方法は口コミを見るということでしょう。

口コミで外壁塗装業者の評判を知ろう

  • 実際にどんな働きをしてくれたか
  • 見積もりはどうだったか
  • 塗装する前にしっかりとコミュニケーションを取ってくれたか
  • アフターフォローはどうだったか

といった細かいところまで口コミに書いてあります。
今ではインターネット上で口コミサイトが運営されており、そういった口コミサイトで業者の名前を入力するだけで外壁塗装業者の口コミが見つかりますし、5点満点や10点満点の評価でどのくらいの実績があり、高い点数を獲得しているかも見ることができます。

もちろん口コミは各人の主観が入っているのですべての口コミを信じるということはできませんが、ある程度の外壁塗装業者の選び方にはすることができるでしょう。

●まとめ●
一概に口コミや実績を信じることは得策ではないのですが、1つの判断材料として役に立ちます。
実績を確認することは業者選びの参考となるだけでなく、外壁塗装の仕上がりをイメージしやすくする効果もありますので、外壁塗装初心者の方は特に積極的に見てみましょう!

保険、保証、アフターフォローがしっかりしているか?【初心者必見!】

外壁塗装が必要

外壁塗装業者が資格を持っているか、口コミなどで良い評判を獲得しているかということに加えて重要になるのが、保証やアフターフォローがしっかりとしているかという点です。
この点も業者の選び方に大きく影響してきます。

外壁塗装はいろいろな失敗や事故と隣り合わせです。
もし、はしごなどが倒れたら、職人や通行人がけがをするかもしれません。

保証・アフターフォローの内容も見積書や保証書で確認すること

また保証も重要です。ここで言う保証とは、塗装が剝がれてしまったり色が褪せてしまったときに業者がその部分を無料で直してくれるかどうかということです。

現在では仕事を取りたいあまりに見積もり時に魅力的な保証内容を提示してアフターフォローを全くしないという悪徳業者もいます。
外壁塗装をしてもらったなら外壁や屋根などを保証対象にしてもらいたいというのは普通のことなので、見積もり時に保証内容を必ず確認するようにします。

例えば保証対象は屋根なのか外壁全体なのか、木製の部分なのか鉄製の部分なのか、何年間保証してもらえるのかといった細かい点まで知る必要があるでしょう。
その保証内容によって業者の選び方は大きく変わってくるはずです。

●まとめ●
外壁塗装を依頼するにあたり保証はとても重要な要素です。
ただし、保証内容や保証条件、書面交付があるか等、事前に確認しておくべきことがありますので注意しましょう。

>>【業者選び】アフターフォロー・保証が外壁塗装の技術の証になる?

外壁塗装の見積書価格が適正か?【初心者必見!】

費用相場

見積もりの価格も業者の選び方を決める点で重要です。
外壁塗装を依頼するときには必ず複数の業者から見積もりを取らなければなりません。

初めての外壁塗装は一社からの見積もりで決めてしまい、失敗するケースが見受けられます。
外壁塗装の成功の秘訣は相見積もりをして比較・検討することが大切です。

初心者が良く間違う「見積もりは安ければいいんじゃないの?」

外壁塗装の初心者が犯しやすい失敗である、見積もりをしてもらって一番安い外壁塗装業者に依頼しようとするのは賢い選び方ではありません。
「安物買いの銭失い」となってしまうかもしれないからです。

外壁塗装の工事は各作業をいかに「丁寧」に行うかが仕上がりの品質を決めます。
外壁の品質を決める丁寧な作業ですが、これはやはり人の手をしっかりかけることができるかに寄ります。
低価格ですと外壁塗装に掛かる費用の多くを占める人件費を削る必要が出てきますので、どうしても手抜き工事となってしまい工事不良による不具合が発生することとなります。

外壁塗装には適正価格があります。
極端に安い金額の見積もりは仕上がりの品質に問題がある可能性が高くなるので、安易に契約をすることは控えたほうが良いでしょう。

外壁塗装初心者に気を付けてほしい悪徳業者の手口・注意点

悪徳イメージ

悪徳業者はさまざまな手口を使って騙そうとしてきます。

例えば期待するほどの耐用年数を持たない塗料を使っているかもしれません。
耐用年数の短い塗料を使うということはそれだけ次回の外壁塗装までの期間が短くなるということです。
外壁塗装の頻度が早まれば業者としてはまた塗装の依頼がもらえるかもしれないという手口です。

外壁塗装の費用の仕組みを理解しましょう

まだ未熟な職人を使って浮いた人件費を自分たちの利益にしているなんてことはないでしょうか。
実は外壁塗装において一番かかる費用が人件費です。
訪問業者の中には自社では工事できる職人を抱えておらず、契約だけを取ってきてあとは外壁塗装業者に工事を依頼する業者もいます。
悪徳業者であれば、人件費を安く抑えて利益を大きくしようとしてくることもあります。

外壁塗装は必ず三度塗りかそれ以上の重ね塗りが必要ですが、二度塗りで塗料代を節約する業者もいます。
他にも塗料の希釈を薄くして塗料代を浮かせようとしてくることもあります。
いずれも、塗膜の形成に問題が生じるため施工完了後すぐに不具合が生じてしまいます。

こうしたからくりを見抜くことができれば見積もりがただ安いだけという実績のない業者に引っかからずにすみます。

>>これで騙されない!悪徳業者を見抜いて外壁塗装を成功させるには

見積もりを制する者は外壁塗装を制す!

見積もりをしてもらったときには見積書を細かく確認して必要以上に高いものだけでなく必要以上に安い業者という注意点もあることを押さえておきましょう。
実績と信頼のある外壁塗装業者は必ず見積もりも「適正価格」で行ってくれるので、選び方の参考にしてください。

当サイトでも見積依頼を随時受け付けております。
お客様にはご面倒をお掛けしないような運営を行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

●まとめ●
外壁塗装では見積もりが業者選びの一番重要なポイントとなることでしょう。
価格が適正でかつ高品質な仕上がりを任せることができるかを見定めましょう!

 

外壁塗装のいろは『準備編』に戻る