【外壁塗装】塗り直しの時期の合図を知って大切な我が家を守りましょう!

時期と症状

普段毎日過ごしていてなかなか外壁塗装の必要性を感じることなんてありませんよね。
自分のお住まいですから毎日目にしていますし、我が家の変化には気が付きにくいものです。

●Check Point●
外壁塗装は大体10年という定期的な時期に行うと良いとされていますが、なぜなのでしょうか。
外壁塗装がお住まいにもたらす効果や必要性を知ると定期的に行うべき理由もわかってきますので、是非参考にしてみて下さい。
この記事を読んで分かること
  • 外壁塗装の役割や必要性が分かる
  • 外壁塗装の塗り替えのタイミング・劣化症状のサインが分かる
  • それぞれの劣化症状を放置するとどのような事態を招くのかが分かる

外壁塗装の必要性~塗り替えの症状や時期を知らせるサインとは?

下塗り

外壁塗装の時期を知らせるサインを知る前に、まずは外壁塗装がなぜ必要なのかを改めて確認していきます。
外壁塗装の塗り替えには大きく2つの目的があります。

  1. 外観を保つための外壁塗装(美観を保つ)
  2. 家の寿命を延ばすための外壁塗装(建物の保護)

それぞれの外壁塗装の目的、必要性についてみていきます。

①外観を保つための外壁塗装

外壁塗装の必要性その①は、外観の美しさを保つためです。

長い年月、直射日光や紫外線、雨風にさらされてきた家は、10年ほど経つと汚れや色褪せが目立ってきます。
そこで新たに外壁塗装を施すことにより、家はまるで新築に見間違えるほど美しく生まれ変わります。

とてもきれいになったお家は住んでいて気持ちが良いことでしょう。
美観を保つことは不動産としての価値を保つことにもつながります。

しかし、これだけが目的では外観が古臭くても住めればいいと思う方がいらっしゃるでしょうし、これだけ外壁塗装の大切さを訴える業者も多くはないことでしょう。

②家の寿命を伸ばすための外壁塗装

外壁塗装の必要性その②は、家の寿命を延ばすことです。
実は外壁塗装の目的となる大きな理由がこちらの「お住まいを守る」という役割なのです。

外壁塗装の一番大切な役割は、雨風などから建物を守ることです。
外壁の塗膜の劣化により防水性が失われてくると、断熱材がカビたり、湿気を含んだ木材がシロアリに侵されるなどの二次的被害が起こってきます。

建物自体には防水性はありません。
外壁塗装を施して初めて防水性が備わるので外壁塗装を行うのです。

適切な時期に定期的な外壁塗装をすることで、お住まいの防水性が保たれて建物の保護に繋がります。

●まとめ●
外壁塗装は「外観を整える」ためと「建物の保護」のための二つの目的があります。
定期的な外壁塗装を心掛けましょう!

適切な時期に外壁塗装をすることが大切です!

ツートンカラー出っ張り防水性の低下は建物の寿命を著しく縮める一因となる深刻な問題です。
大切な家を守るには適切な時期に外壁塗装をやり直す必要性があるのです。

外壁塗装を適切な時期におこなわずに放置してしまうと、防水性が落ちていき、補修工事が必要になってきます。
外壁の内部にまで浸透した水分は外壁の下地の劣化を招きます。
やがて外壁材が腐食して雨漏りを引き起こしてしまうようになると、外壁塗装よりも大きな補修工事が必要となります。

そうなると本来であれば必要のなかった費用がかかってしまうことになります。
このような事態を未然に防ぎ、快適な生活を送るためには外壁塗装の必要性を十分に理解して、適切な時期に外壁塗装をしていくことが大切なのです。

外壁塗装の時期はどうやって知ればいいの?

外壁塗装を適切な時期に行うことが大切だということはわかりましたが、ではいったい適切な時期とはいつなのでしょうか。
お家によっても劣化のスピードや劣化症状が変わってきますので、実はひとまとめに「〇〇年」ごとであるとは断言できないのです。

外壁材や外壁自体の劣化状況、前回使用した塗料は各ご家庭で違いますので、それぞれのお宅で外壁塗装の時期は違います。
一般的に外壁塗装は約10年ごとに定期的に行うのが良いとされていますが、それより前に実は外壁塗装の時期を迎えていたということもあるのです。

そうなると余計に我が家の外壁塗装の時期がいつなのか分からなくなってしまいますよね。
実は、外壁塗装の時期だと知る分かりやすい劣化症状があるのです。
次はこの代表的な劣化症状について紹介していきますので、そろそろ外壁塗装を迎えるかもしれない方はこちらの症状が表れているかチェックしてみて下さい。

●まとめ●
外壁塗装の放置は防水性の低下を招き、劣化が進むと家の躯体構造にまで深刻なダメージを与えてしまう恐れがあります。
外壁塗装の時期を教える劣化症状がありますので、ご自宅を確認してみましょう!

関連記事:外壁塗装を放置していませんか?防水性の低下には危険が潜んでいます!

外壁塗装の時期・サインを知る

一般的に、外壁塗装は約10年で塗り替えるとよいとされています。

また、壁を手で触った際に白い粉が手に着くようになった場合、「チョーキング現象」と呼ばれる代表的な劣化現象の1つである可能性が高く、これも外壁塗装の必要性を考える時期の目安となります。
「クラック」と呼ばれる壁のひび割れも同様に外壁塗装の代表的な劣化現象の一つです。

これらの劣化症状が生じた場合には外壁の塗り替えを検討する必要性があります。
チョーキングもクラックも、放っておいて事態が改善することは残念ながらありません。

外壁塗装の時期が近付いてきたら劣化のサインを見逃さないようにしましょう

チョーキング現象とクラックは直接建物に対して大きな影響は与えませんが、放っておくと外壁内部に水分の侵入を許してしまい、将来的に深刻なダメージを与える要因となってしまいます。
これら外壁塗装の時期を知らせる劣化症状はどのようなものなのかを知って、適切な対処をしていきましょう。

チョーキング現象とは?:外壁塗装の時期を知らせる劣化症状

チョーキング現象とは家が発するSOSサインです。
外壁塗装の塗り直し時期の目安の一つとして覚えておきましょう。
チョーキング現象
指で壁をなぞった時に白い粉がつくようであれば、その外壁にはチョーキングが起こっています。

チョーキング現象の原因

主な原因は、長い期間に渡り紫外線や雨風、湿気などにさらされることにより、外壁の塗膜が劣化し、成分中の顔料が粉化して表面に出てきてしまうことです。

チョーキング現象が起こる=塗膜が劣化している、つまり、そろそろ外壁塗装をし直す必要性のある時期という事です。
チョーキング現象が生じた外壁は、内部に水が入らないように守っていた外壁塗装が剥がれたために、次第に水分を含むようになっていきます。

防水性が下がり湿気を含んだ壁には、ひび割れや亀裂の原因となるカビやコケが生えやすくなり、美観も損なわれてしまいます。

しかし、だからといってチョーキング現象で汚れが目立ってきた外壁を綺麗にしようと、ブラシでこすったり研磨剤で磨いたりする必要性はありません。
間違った対処をするとかえって家の下地を傷つけたりする可能性があります。

チョーキング現象は単なる汚れではなく、塗膜の劣化から生じるものなので、外壁塗装の塗り直し以外に根本的な解決策はありません

●まとめ●
チョーキング現象は家の防水性を保つ役割の塗膜の劣化が原因ですから、当然チョーキング現象が起きている建物では塗り直しの必要性があります。
チョーキング現象が起きている場合、建物が傷まないように近いうちに外壁塗装を考えたほうが良いでしょう。

チョーキング現象を利用した悪徳業者に注意

まれに、これを悪用した悪徳業者が「お宅の壁から白い粉が吹き出してきている。早急に手を打つ必要性があります。一ヵ月以内に外壁塗装を行わないと、家が崩れる危険がありますよ。」などとその必要性をことさらに強調し、不安をあおったりするケースがあります。

チョーキング現象は確かに家の劣化現象の一つであり、外壁塗装を検討する時期が来た、というサインですが、短期間に家が崩れるというようなことはありません。

このような訪問販売業者は様々なテクニックを使ってどうにか契約を結ぼうとしてきます。
実際には外壁塗装の必要性がない場合や、必要以上の工事をして利益を得ようとしてくることもあります。
こうした悪徳業者には十分に注意をしましょう。

また、訪問販売業者があなたのお家を突然訪れてきて外壁塗装を進めてきた場合は、一度他の業者にもあなたのお家の診断をしてもらうことをおすすめします。
不要な工事をしようとしてないか、金額は適正か、ほかの業者と比較して信頼できる優良業者に外壁塗装をお願いしましょう。

ひび割れ(クラック)の放置は危険:外壁塗装の時期を知らせる劣化症状

外壁のひび割れ(クラック)、剥がれなどをそのまま放置しておくと、見た目がよくないだけではなく、そこから雨などの水分が入り込み、建物内部にカビやサビが発生し、建物の腐食が進んでいきます
クラック例
クラックは放っておいて改善することはなく、虫歯と同様にどんどん進行していき、結果的に家全体の強度にも影響が及び、最悪の場合、思いもよらぬ時期に建て替えの必要性が生じることもあります。

クラックが引き起こす外壁への影響

通常、壁の内部には水分の侵入を防ぐために防水シートが設置されているため、多少のクラックを放置しておいたからといって、すぐに影響が出る訳ではありません。

しかし、防水シート自体も経年劣化により防水効果が弱まっていくので、一定の時期を超えると外壁のクラックから水が入った場合、防水シートだけでは水の侵入を止めることはできません。

クラックが原因で家の倒壊も

クラックが発生している外壁は時間の経過とともに結露や湿気が防ぎきれなくなり、家の構造上もっとも大切な土台、骨組みの劣化が進行してしまうのです。

もともと水分や湿気がなくても木材、鉄、コンクリートなどは少しずつ劣化していくものですが、クラックを放置することによって、通常を大きく上回るペースで劣化が進んでいきます。

すると、さほど大きくない地震や台風などで家が崩れてしまう、という思いもよらぬ最悪の事態を招く可能性もあるのです。

費用面でも定期的な外壁塗装が大切

そうなるとクラックの放置は予算面にも大きな打撃を与えます。早い時期に対処すればするほど、出費は最小限で済みます。

外壁塗装だけで済んだ場合と、家の建て替えが必要になってしまった場合の出費の違いは歴然としています。
クラックを単なる壁のひび割れだと安易に考えずに、外壁塗装の必要性をよく理解し、適切な時期に予防対策を行うことが肝心です。

●まとめ●
クラックの放置は防水シートの劣化、そして建物の構造内部への浸水を招きます。
外観からも確認しやすい劣化症状ですので、外壁にクラックが発生している場合は迅速に対応すべきです。

外壁塗装の時期についてのまとめ

外壁塗装の本来の意味合いはただ家の色を変えるだけのものではなく、大切な家を守ることです。
そのために、住宅にとって天敵である水分の侵入を防ぎ、雨や風、紫外線といった外部からの刺激から守るために外壁塗装の必要性があるというわけです。

新築から10年前後経過しているが、チョーキングやクラックといった目に見えるような劣化が見受けられない場合でも、確実に外壁の塗膜は劣化しています。
当然新築の時期や前回の外壁塗装の時期からは防水性が下がっているので、一度は自分のお家の状態がどうなのかプロの目で判断してもらうことをおすすめします。

また、すでに自分の外壁がチョーキング現象・クラックが見受けられる場合には、外壁塗装の時期がきているというサインですので、出来る限り早いタイミングで対処しましょう。

現地調査を無料で依頼してみる