【外壁塗装DIY】下塗り塗料にはシーラーが使いやすい!

DIY下塗り塗料

「外壁塗装が必要なのはわかっているけれど、ちょっと費用が高過ぎて・・・DIYで自分で出来たらいいなぁ。」
このようにお考えの方もいらっしゃることでしょう。

どんな買い物でも安く収まるならそちらのほうが良いのは間違いないです。
特に外壁塗装は決して安い買い物ではありませんので、DIYで少しでも費用を抑えることができるなら良いですよね。

今回は外壁塗装をDIYする際に、とても重要となる『下塗り』作業で注意してほしいポイントをまとめました。
下塗りの役割や、下塗り塗料の選び方からDIYでの下塗りの方法についても紹介していきます。

●Check Point●
当記事で紹介するのは下記の三点です。

  • 下塗りの役割
  • DIYでの下塗りの方法
  • 下塗りの注意点

この三点を意識して、一緒に確認していきましょう。

外壁塗装の下塗りの役割とは

それでは外壁塗装のDIYでの下塗り作業方法を紹介する前に「下塗りの役割」について確認していきましょう。
下塗り作業は外壁塗装工事において非常に重要な塗装作業になります。
業界としては常識なのですが、一般的に見ると重要性の認知度が低いものですので、まだ知らなかった方はチェックしておきましょう。

下塗りは外壁塗装の塗料の密着性を高める役割がある

始めに、下塗りとは外壁塗装で行われる3回塗りの中の最初の塗装のことを言います。
下塗りに使われる塗料は、中・上塗りとはまた別の塗料を使います。

なぜかと言いますと、下塗りは中・上塗りとは違う目的を持っているからです。

下塗りは外壁塗装の中・上塗りに使う塗料と外壁の密着性を高める役割を持っています。

中・上塗りに使う塗料には実は密着力という効果はありません。
そのため、下塗り塗料をまず外壁に塗ることで外壁と塗料をくっつけることができるのです。

つまり、下塗りの良し悪しで中・上塗りの塗料の効果が長持ちするかが決まるということです。

外壁塗装のDIYで下塗りをしないとどうなる?

外壁塗装業者に外壁塗装工事を依頼した場合は、よほどの悪徳業者でない限りは下塗りは必ず行われます。
ですが、外壁塗装をDIYでやる方の中には十分に下塗りの必要性を理解しないで、下塗りをしない場合があります。

下塗りを行わずに、塗装をしてしまうとどうなるかと言いますと、塗料が外壁にくっつきませんのですぐに塗料が剥がれてしまいます。
自分の時間とお金を費やしてDIYで外壁塗装をしたところで、すぐに無駄になってしまいますので必ず下塗り作業を行うようにしましょう。

DIYで外壁塗装をする場合の下塗りの方法とは

では実際に外壁塗装をDIYで行う場合の下塗り作業の方法をお伝えしていきます。

まずは道具、材料を揃えましょう。

道具はローラーと刷毛、必要に応じて下げ缶やローラーバケット等を揃えましょう。
ローラーは大きい面を塗装する際に使用し、刷毛は細かい箇所を塗装する場合に使います。

凸凹の多い外壁では長い毛のローラーを、凸凹の少ない外壁には短いローラーを選ぶときれいに仕上げることができます。

下塗り塗料の種類は下地の状況に応じて選ぶ

下塗り作業に使われる塗料には中・上塗りの塗料の密着性を高める効果があります。
下塗り塗料にも種類がありますので、外壁の素材や下地の状況に応じて適切なものを選ぶようにしましょう。

シーラー(プライマー) フィラー
塗料の状態 水っぽい ドロドロ
向いている下地の状況 吸い込みが弱い下地 吸い込みが強い下地
使用するローラー ウールローラー 砂骨ローラー
水性・油性塗料の有無 水性、油性 水性のみ
推奨される外壁材 サイディング モルタル
塗料の希釈の有無 基本的になし 基本的にあり

下塗り塗料は主にシーラー(プライマーも同じ性能)とフィラーの2つの種類に分けられます。
用途に応じて使い分けると良いでしょう。

外壁塗装の下塗り塗料【シーラー】とは

シーラーは水っぽくさらさらしていますので、下地の吸い込みが弱い(下地の傷みが少ない)外壁に使われます。
粘性が弱い塗料ですので素人からすると、フィラーよりも取り扱いやすくDIYしやすい塗料だと言えます。

サイディング外壁によく使われる塗料で、サイディングの傷み方に応じて、水性シーラー、油性シーラーを使い分けましょう。
傷みが少ない場合は水性シーラーを、傷みが多い場合は油性シーラーを使います。
傷み方が激しく、一回の塗装で吸い込みが止まらない場合は二回塗装が必要な場合がありますので注意してください。

外壁塗装の下塗り塗料【フィラー】とは

フィラーはドロドロしていますので、下塗りの厚みがでる塗料です。
傷みが進んだモルタル外壁の下塗りに適しております。

希釈が必要で、希釈後はしっかりと混ぜ合わせる必要があります。
下地の傷みが激しい場合は一度シーラーを塗った上から塗装する必要がある場合もあります。

微弾性フィラーも良く使われます!

微弾性フィラーはモルタル外壁でよく使われる塗料です。シーラーとフィラーの性能を併せ持つ塗料です。

モルタル外壁のヘアークラック程度の症状であれば微弾性フィラーを使うと良いでしょう。

下塗り作業の方法とは

下塗り作業の方法・手順をまとめていきます。

①塗料の攪拌

下塗り塗料にフィラーを使用する場合は、水での希釈後、しっかりと混ぜ合わせる必要があります。
均一に塗料が混ぜ合わせないと下塗りの効果が薄れてしまうので、5分以上はしっかりと混ぜましょう。

シーラーはそのまま使用してください。

②細かい箇所の塗装

いよいよ塗装に移ります。
まずは刷毛を使用して角や入り隅部分など、細かい箇所を塗っていきます。

ローラーが入りきらない箇所は刷毛でまずは塗装していきましょう。

刷毛は新品だと毛が数本抜け落ちます。
塗料に混入しないように仕様前に取り除きましょう。

毛の半分程度に塗料をしみこませて、缶の縁で滴り落ちる塗料を切ると周りを汚さずに塗装出来ます。

③ローラーを使って全体を塗装する

最後にローラーを使って全体を塗装したら完成です。
ローラーの上手な使い方は、ローラーを塗料につからせ缶の内側で滴り落ちる塗料を切ってから塗装します。
ローラーの端は筋状の塗装の跡が残りやすいので、先に先端部分を壁にこすりつけてから塗装するときれいに仕上がります。

最初は塗料を付けて縦にローラーを転がします。
全体を塗り終えたら今度は塗料があまり浸み込んでいない状態で横にローラーを転がします。
すると塗装のムラが無くなります。

外壁塗装の下塗り作業をDIYする際の注意点(まとめ)

これまで外壁塗装の下塗りをDIYする方法についてお伝えしてきました。
しかし、以下の理由から外壁塗装のDIYはあまりおすすめできません。

  1. 使用する塗料が適切でないものを選ぶ恐れがある
  2. ムラ・塗り残しが発生しやすい
  3. 施工不良のリスクが高く、コストパフォーマンスが良くない

DIYをおすすめできないそれぞれの理由についてみていきます。

1.使用する塗料が適切でないものを選ぶ恐れがある:外壁塗装のDIYのリスク

外壁塗装において下塗り作業は仕上がり、耐久性を左右する重要な工程です。
外壁の状況はお住まいによって様々ですので、その状況に見合った塗料を選ぶ必要があるのです。

プロであれば正しい判断ができるのですが、外壁塗装をDIYする場合、素人判断になりますので外壁の状況と適切な塗料を選ぶことはなかなか難しいものでしょう。
プロの正確な現場調査に裏付けされた塗料選びがあって初めて、高品質な外壁塗装が実現できるのです。

2.ムラ・塗り残しが発生しやすい:外壁塗装のDIYのリスク

外壁塗装はいかに丁寧な作業ができるかがカギとなります。
外壁塗装のプロでもごくまれにですが施工不良を起こしてしまう作業ですから、素人が塗装するということは当然施工不良を起こす可能性は高くなります。

下塗り作業で塗りムラや塗り残しがあると、外壁塗装の質が下がってしまい、数年で再塗装が必要になってしまいます。
せっかく時間とお金をかけて外壁塗装をDIYしたものが無駄になってしまいますので、外壁塗装のプロに任せたほうが良いと言えます。

3.施工不良のリスクが高く、コストパフォーマンスが良くない:外壁塗装のDIYのリスク

外壁塗装のDIYは施工不良が起こりやすく、再塗装が必要となるとさらに追加の費用が掛かってしまいます。
さらに外壁塗装のDIYに掛かる費用が安いと言えど、足場代含め数十万円はかかってきます。

結局再塗装を業者に任せるとなると外壁塗装のDIYで掛かった費用が丸々無駄になってしまいます。
このような事態を避けるためにも外壁塗装のDIYはおすすめできません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
外壁塗装のDIYは正しい手順を踏めば安上がりでとても魅力的ではあります。
しかし、失敗のリスクを考えますとなかなかおすすめできるものではありません。

もしそれでも外壁塗装のDIYをしようとお考えの方は、こちらで紹介した下塗り作業の進め方を参考にして塗装してみて下さい。

その他、外壁塗装のDIYをする際の手順にまつわる情報は下記のページでも紹介していますので、確認してみましょう。