黒色に外壁塗装をして高級感を出すには

黒い外壁塗装

近年新築される一般住宅で黒色の外壁は人気があります。
その高級感あふれる、意匠性の高い外壁は確かに魅力的ではありますが、「汚れやすいのでは?」「熱がこもるんじゃないか?」等、疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

今回では外壁塗装で黒色にしてみたいという方の悩みを解消すべく、メリットとデメリット、そして実際に外壁塗装をする際の注意点までをまとめてみます。

この記事を読んで分かること
  • 黒色の外壁にするメリット・デメリット
  • 黒色の外壁塗装をする場合の注意点
  • 外壁塗装の色選びで失敗しないコツ

黒色の外壁塗装の最大のメリットは高級感と重厚感

黒色での外壁塗装の一番のメリットはデザイン性の高い外観になることでしょう。
今まではベージュ系など、少々地味な色合いからおしゃれな外観にしたいという理由から、黒色で外壁塗装をする方が増えてきております。

気分転換になる

モダンな雰囲気を持つ黒で外壁塗装を施すことで、高級感と重厚感が生まれ、お家のイメージを一新できます。
日常生活を過ごすうえで、住まいのイメージが変わることは大きな気持ちの変化も生まれます。

毎日新鮮な気持ちで生活を送ることができるのも、黒色に外壁塗装をしたことのメリットになります。
日々の生活にメリハリが生まれれば毎日が楽しくなることでしょう。

黒色だと汚れが気になるのでは?

黒い外壁にしてやはり気になるのが汚れが目立つのではないかということ。
確かに黒い外壁ですと、外壁塗装したばかりはきれいですが、年月が経つにつれてホコリや泥汚れが目立ってきます。

一般的によく使われている中間色(ベージュやグレー)よりは汚れが目立ちやすいのが黒色で外壁塗装をするデメリットです。

黒だけが特別に汚れが目立つわけではない

中間色から離れた色ほど汚れが目立ちやすくなります。
例えば、黒を始め、白や原色カラーといったものです。

逆に汚れが目立ちにくくしたいなら中間色での外壁塗装をおすすめします。

色あせにも気を付ける必要がある

黒を始めとする濃淡の濃い色は、経年劣化で起こる色あせが目立ちやすい性質があります。
たとえ色あせ対策を施してもやがて色が落ちてしまうので、定期的なメンテナンスが重要となります。

外壁塗装で黒色にすると熱がこもりやすくなる

黒色の外壁は熱がこもってしまうのが心配です。
黒い外壁と白い外壁とでは10度以上もの温度差があるといわれています。

熱の反射効率が良くない黒色では真夏では特に、対策が出来ていないと熱がこもってしまい、室内のエネルギー効率が悪くなってしまいのがデメリットだと言えます。

黒色の外壁塗装には断熱・遮熱対策が必要

元々、一般的な住宅には建てる際に断熱材を使っています。
室内に外の気温が伝わらないような構造になっていますので、色の違いで極端に室温が変わるということはありません。

ですので通常は黒色で外壁塗装をしたところで特別に熱くなることはありませんが、外壁塗装前には断熱構造になっているかを確かめておく必要があります。

断熱・遮熱塗料の黒色を選ぶ

外壁塗装の際に使用する塗料を断熱塗料・遮熱塗料を使用することで、熱がこもるデメリットへの対策になります。
特に遮熱塗料ですと太陽からの熱を反射しますので、室温の上昇をより抑えることができます。
断熱塗料や遮熱塗料の中にも黒色を選ぶことができるものも各メーカーから発売されていますので、外壁塗装業者に相談してみるのも良いでしょう。

黒色での外壁塗装のメリット・デメリットまとめ

ここまででてきました黒色の外壁塗装のメリットとデメリットをまとめました。

意匠性が高い:黒色の外壁塗装のメリット

モダンな外観にしたいと考えている方や、高級感を出したい方には大変人気のある色です。
黒色で外壁塗装をすることで、おしゃれな外観になりますし、落ち着いた雰囲気のある住宅にできます。

汚れが目立ちやすい:黒色の外壁塗装のデメリット

黒色は汚れが目立ちやすい色ですので、住宅に付着する汚れが目立ちやすい性質があります。
年月が経つと色褪せも目立ちやすいです。

そのため定期的な外壁塗装やメンテナンスが必要ですが、逆に言ってしまえば他の色よりも色褪せによってメンテナンス時期が分りやすいという面もあります。
家の寿命を長く保つうえで外壁塗装の時期を知らせてくれる一つのサインとしての役割も期待できます。

熱がこもりやすい:黒色の外壁塗装のデメリット

黒色は熱を吸収しやすい色ですので、夏場は特に太陽の熱で室温が上昇しやすいのがデメリットです。

外壁塗装においては現在、様々な機能を持つ塗料が発売されています。
その中には断熱塗料・遮熱塗料といった、暑さ対策ができる塗料がありますので、そちらで外壁塗装をすることでデメリットの対策になります。

断熱塗料は夏場の暑さ対策と冬場の寒さ対策に効果を発揮しますが、夏のヒートアイランド現象を起こしてしまうリスクがあります。
遮熱塗料は夏場は暑さ対策とヒートアイランド現象を防ぐ効果がありますが、冬場の太陽の熱まで反射してしまうというデメリットがあります。

お住まいの地域や必要になる効果を理解したうえで、塗料を選ぶことをおすすめします。

黒で外壁塗装をする際の注意点

実際に外壁塗装を施すにあたっていくつか注意点があります。

お住まいに「黒色」が合うか確認しておくこと

まずは屋根やサッシ、付帯部との色合いを意識する必要があります。
外壁だけ黒で外壁塗装をしてせっかくイメージ通りになったとしても、住宅として色の調和がとれてているかを気にすると、より意匠性の高い外壁にすることができます。
せっかく高額な費用を支払うのですから、細部までこだわって統一感のあるおしゃれな住宅を目指しましょう。

黒色で外壁塗装をすることでお住まいの雰囲気が想像以上に暗くなりすぎてしまうお家もあります。
イメージしていたよりもずっと暗くて気にいらない仕上がりになったなんてことにならないためにも、まずはカラーシミュレーションを利用してあなたのお家に合うのか確認しておくと良いでしょう。
ただし、カラーシミュレーションはあくまでイメージを膨らませる為のものですので、カラーシミュレーションに頼り過ぎないように注意しましょう。

外壁塗装で失敗しないために

また、色選びに関しては近隣と調和がとれているかも気にする必要があります。
住宅が集合している地域では悪目立ちしてしまうような外壁塗装は控えたほうがいいでしょう。

なかには条例で塗装の色が限定されている場合もありますので、外壁塗装前には確認しておくことも必要になる地域もあります。

暑さ対策の塗料を使用する場合も注意点があります。
断熱塗料と遮熱塗料とでは暑さ対策という点では似た効果を期待できますが、それぞれで異なった特徴を持っています。
その特徴を理解したうえで、塗料選びをするようにしましょう。