失敗しない外壁塗装~色の選び方~

失敗しない色選び

外壁塗装を依頼するときに決めなければならないものの一つが外壁の色です。
外壁の色を変えることができるのは塗装するときだけになります。

長い期間同じ外壁の色となりますので、自分が気に入った色の外壁にしたいものです。

しかし、色を決めるというのはただ自分の好きな色を選べばよいということではありません。
様々な要素を考慮しつつ、長く使用できる失敗しない色選びをするようにしたいものです。

●One Point●
外壁塗装の色選びは好きな色を選べばいいというものではありません。
およそ10年はお家の外観を決めるものですので、長い間愛着のわく色にしたいですね。

外壁塗装の色選びでまず覚えてほしいこと!

一度外壁塗装をしてしまうと、その後十年から十五年先までは色がそのままになってしまいます。
たとえ、自分が気に入らない色だったり数年後に選んだ色に飽きてしまっても、次の外壁塗装までは同じ色で過ごさなければなりません

仕上がりの色が気に入らないとしても、工事の不具合ではありませんので、無料で再塗装に応じる業者はまずいません。
あとから後悔しないために事前にしっかりと考えて外壁塗装の色を決める必要があります。

外壁塗装の一般的な「色」に関する知識

まず色選びで失敗しないためには、それぞれの色がどのような特徴を持つかを知っておく必要があります。
また、外壁塗装での色選びにおいては、塗料がどのように変化していくかも見た目を左右するのでとても重要です。

代表的な色の特徴や外壁塗装での注意点を押さえていきましょう!

「白」「黒」の特徴

まず人気の色は「白」です。遠くから見てもとてもきれいな色で、日光を浴びると輝いて見えるでしょう。
誰しもが一度はあこがれる白い家ですが、実は大きなデメリットがあります。

それは外壁塗装後すぐに汚れが目立つということです。
これは黒い家も同様です。特に黒の外壁塗装にした場合には傷や汚れが白く見えてより目立ってしまいます。

外壁は汚れが付かないということは絶対になく、汚れがついている期間の方が長いのでこまめに洗浄や補修を行うなど、メンテナンスが必要です。

原色の特徴

別の候補としては赤や青といった原色が挙げられます。
原色で気を付けなければならないのは経年劣化です。
こうした原色は期間が経てば経つほど色が薄くなっていってしまいます。
薄くなってしまうとそれほど期間が経っていないのに古びて見えてしまうというデメリットがあります。

しっかりとメンテナンスをすればもともとの色を保つことができるのですが、外壁にそれほどお金をかけられないという方は無難な色選びをした方がいいかもしれません。

「ベージュ」「クリーム」系の特徴

一方でベージュ系やクリーム系が人気で、かつメンテナンスのしやすい色になっています。
というのはベージュやクリーム系の外壁はそれほど汚れが目立たず、管理がしやすいというメリットがあるからです。

「ブラウン」の特徴

別の人気の色はブラウンです。
ブラウン系の外壁にすれば落ち着いた高級感のある雰囲気を醸し出すことができます。
一方でブラウンは色選びが難しく、思ったような色にならなかったという失敗談も多く見受けられます。

暖色系・寒色系の特徴

オレンジやピンクなど暖色系の塗装であれば暖かみを感じさせられる家になります。
白にかなり近いピンクやオレンジでもアットホームな印象になるのでカラーシミュレーションしてみるとよいでしょう。

一方でブルーやグレーといった寒色系の色はクールな印象を与えるので、景観に影響を与えなければチョイスしても良いかもしれません。

●まとめ●
色選びで失敗だけはしたくないという方は原色系は避けましょう。
また、単色ではなく2色以上を使う「ツートンカラー」をうまく利用することで、おしゃれなお住まいにすることもできます。

失敗しない色選びのコツ

ではこうした色の知識を知ったうえでどのように色選びをしたらよいのでしょうか。
実はどういった印象にしたいのか、どんな色が好きなのかということだけを考えていると外壁塗装の色選びは失敗してしまうことがあります。

カラーシミュレーションをうまく活用しよう

まず外壁塗装の色選びでとても重要なのがカラーシミュレーションをするということです。
今ではフリーソフトでカラーシミュレーションが行えるというサイトやアプリも多数あります。

自分の家の写真を使っていろいろな色を試すことが可能です。
カラーシミュレーションによって、実際に外壁塗装が終わった後のイメージを膨らませることができます。
カラーシミュレーションは失敗しない色選びに欠かせないプロセスなのです。

●Check Point●
カラーシミュレーションの結果をすべて鵜呑みにした外壁塗装の色選びは失敗に繋がります。
あくまで外壁塗装のイメージを膨らませるものだということを覚えておきましょう!

周りと調和を考えよう

カラーシミュレーションの他に色選びで失敗しないコツは周りとの調和です。
周りの住宅のほとんどが暖色系なのにいきなり自分の家の外壁を寒色系にしてしまうと、景観が損なわれてしまいます。

またその自治体によって使える色や系統が決まっていることもあるので、必ず業者や役所に確認を取るようにしてください。
例えば京都市では厳しい景観条例があり、エリアによっては個人宅の色も規制されることもあります。

外壁塗装で複数の色を使う(ツートンカラー)際の注意

別の外壁塗装での色選びのポイントは使う色の数と種類です。
外壁塗装では二つもしくは三つの色を使う人も多く、その過程で色選びに失敗してしまうことがあります。

例えば赤と青といった系統の異なる色選びは、調和がとれず見る人に不快感を与えてしまいます。
どんな外壁塗装になるのかをしっかりイメージするためにはカラーサンプルやカラーシミュレーションを利用する必要があるでしょう。

ただし、カラーサンプルの中には外壁塗装にはふさわしくない色も含まれているので、カラーシミュレーションしながら慎重に検討しなければなりません。

小さい色見本と実際の色の濃度は異なる

さらにカラーシミュレーションをしっかり行うべき理由は面積効果があるからです。
面積効果とは外壁の面積が広くなればなるほど色が薄く見えるという現象です。
ですからカラーサンプルでは濃く見えたのに、実際に外壁塗装が終わってみると思ったよりも薄く見えるという失敗が起こりえます。

カラーシミュレーションでは家全体を写真で写してどのような色になるかを検討するので、色選びに失敗しにくくなります。

色選びで失敗しない一番の方法はやっぱり本物を見ること!

カラーシミュレーションを活用することで確かに自分の思い描いているイメージに近づけることはできます。
しかし、カラーシミュレーションはやはり画像や印刷された紙の色でしか確認ができないのです。
カラーシミュレーションまでちゃんとやったのに「イメージと違った」という方もたくさんいらっしゃいます。

イメージ通りの色を選ぶには、実際にその色で塗られた現場を確認することが一番です。
現場を案内してくれる外壁塗装業者なら実績もあるでしょうし、その場でアドバイスをもらえるなど、良いこと尽くしです。

そうやって親身になってくれる外壁塗装業者は優良業者だと言えますので安心できますよね。
逆に現場を見せられないなど、少し不信感を持ってしまうような業者でしたら、業者選びから一度見直すのも良いかもしれません。

冒頭にも書きましたが、外壁塗装は一度塗ってしまったら10~15年は基本的には塗りなおすことがありません。
色選びは、協力してくれる優良業者と慎重に決めることが失敗しないコツだと言えるでしょう。

また、塗料によっても選べる色に限りがある場合もあります。
塗料の種類によって得られる性能も変わってきますので、併せてこちらもお読みください。