【大人気】ツートンカラーで簡単におしゃれな外壁塗装!

ツートンカラー

外壁塗装の一番の目的は建物の保護ですが、せっかく塗料を塗り替えるのですからおしゃれな外観を目指したいもの。
色選びにもこだわって新しい雰囲気のお住まいで新生活をしてみたいですよね。

●One Point●
外壁塗装でデザインにこだわりを持ちたい方から、今までののっぺりとしたお家のイメージから変えたい方など、外壁塗装を考えている多くの方にとっての一つの選択肢として、ツートンカラーの外壁塗装は普及しております。

今回は現在とても人気のあるデザインのツートンカラーについて、その魅力と色選びの方法について紹介していきます。

この記事を読んで分かること
  • 外壁塗装のツートンカラーの例とおしゃれさ
  • ツートンカラーにする際の色選びと配色について
  • カラーシミュレーションの活用と注意点

今人気なツートンカラーの外壁塗装とは

ツートンカラーとは2色又は3色の色を使うことで、現在多くの支持を受ける外壁のデザインになります。
ツートンカラーで外壁塗装をすると今までの単色の配色とは異なり、外壁のデザインにアクセントができますので非常におしゃれな仕上がりとなります。

その他、失敗しない色選びの情報はこちらでもお伝えしております!

ツートンカラーの色の配置のパターンの種類

ひとえにツートンの配色といっても色の配置の仕方で見え方が変わります。
主に3つのツートンカラーのパターンがありますので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

上下で色を配置する:ツートンカラーのパターン①

ツートン上下配色

外壁塗装のツートンカラーのパターンの中でよく使われる方法です。
1階と2階で色を使い分けることでお住まいの外観に重厚感のある雰囲気が出ます。
基本的には1階部分に濃い色や彩度の高い色を持ってきて、2階部分には淡い色にするのが一般的で、この配色はお住まいを広く見せる効果があります。

逆に2階部分に濃い色を持ってくると個性の強い印象になりますが、配色が難しいので上級者向けと言えます。

縦に色分けをする:ツートンカラーのパターン②

ツートン縦配色

縦に色を分けることでお住まいにスタイリッシュな印象を与えることができます。
家の半分で色を変えるパターンもありますが、家の隅や窓枠などを利用して縦に配色していくパターンもあります。

窓枠や幕板、屋根の色などを考慮してまとまりのある色合いとなるようにすることがおしゃれな外壁となるポイントです。

出っ張り部分で配色を分ける:ツートンカラーのパターン③

ツートンカラー出っ張り

バルコニーやベランダの色を変えて、アクセントを取り入れておしゃれな外観にするパターンです。
立体的に見える視覚効果を利用して、お家を大きく見せることができます。
写真のように上下で配色を変えるパターンと組み合わせて使うこともあります。

ツートンカラーの外壁塗装は配色に注意

ツートンカラーでの外壁塗装は、単色の外壁塗装と比べて選ぶ色が増えてしまうのがデメリットと言えます。
通常でも大変な色選びがより大変になるんじゃないかと心配になりますよね。

ツートンカラーでは、3つの注意点を踏まえれば色選びも難しくはありませんのでその注意点をまとめていきます。

注意点は以下の3つのになります。

・同系色でまとめる
・セパレーションカラーをうまく使う
・3色以上の色を使うのは控える

1.同系色でまとめる

ツートンカラーで外壁塗装をする場合、「同系色」でまとめるのが鉄則です。
同系色とは色相環で隣り合う色や近い色合いのものを言います。
同系色の反対語が「補色」と言い、色同士が遠い位置にある色のことを指します。

色相環

補色同士の組み合わせでツートンカラーにしてしまうと色同士がお互いを引き立てあってしまい、変に目立つ色のお家になってしまいます。
同系色でツートンカラーをすることでお家にまとまった印象を与えることができます。

2.セパレーションカラーをうまく使う

全体を引き締めるためにセパレーションカラーをうまく使うと良いでしょう。
基本的にはツートンカラーですので2色がメインの色となりますが、2色の境目にセパレーションカラーを入れることで全体の雰囲気がまとまります。
上手に使うことでよりおしゃれな外壁にすることができます。

セパレーションカラーを入れる箇所は上下で色を配色する場合、幕板部分に入れると丁度上下の色の間にアクセントが生まれますので、お住まいがおしゃれに見えます。

3.3色以上の色を使うのは控える

複数の色を使うツートンカラーですが、色の使い過ぎは厳禁です。
3色より多く色を使ってしまったら建物の外観の全体のバランスがが崩れてしまい、色がうるさいお家になってしまいます。

まとまるのあるおしゃれな外壁にするコツは「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」を上手に使うことです。

ベースカラー
外壁の基本となる色をベースカラーとして、塗装面積の70%を占めるように配色するとバランスがよくなります。
ベースカラーの選択は単色で外壁塗装をするときと同じ選び方をしましょう。
家の周りの環境や近隣の外壁の色を考慮して、なるべく原色を避けるほうがまとまりが出ます。
アソートカラー
ベースカラーの次に塗装面積が大きいのがアソートカラーです。
塗装面積の25%程度となるように配色します。
ベースカラーとアソートカラーでおよそ95%を占めますので、基本的にはこの2色で塗装をすると考えて色を決めるとうまくいきます。
ベースカラーと同色系で色選びをしましょう。
アクセントカラー
一番小さい塗装面積となるのがアクセントカラーです。
残りの5%ですが、ベースカラーとアソートカラーが引き立つような色選びをすると全体にまとまりが出てきます。
差し色の役割がありますので、全体を引き締めたり、ワンポイントとなるような色選びが良いでしょう。
アクセントカラーとして配色する箇所は付帯部の雨樋や幕板、破風板、その他出っ張りの部分といったところが多いです。
●まとめ●
ツートンカラーの成功の秘訣は「同系色」「バランス」です!
同系色でまとめて、バランスのいい配置ができればだれでもおしゃれな外壁にすることができます。
お住まいの形状や周りの雰囲気を考慮しておしゃれな外壁を目指してください。

まずは無料でできる現地調査から!

カラーシミュレーションを活用すれば外壁塗装の配色イメージがしやすい

ツートンカラーは色の組み合わせによって雰囲気が変わりますので、どの色の組み合わせが良いのかなかなかわからないものです。
そこで色選びのお役立ちツールの「カラーシミュレーション」を使うとツートンカラーでの外壁塗装のイメージがしやすくなります。

カラーシミュレーションのメリットはイメージを膨らませることができる

最近ではインターネット上でお手軽にカラーシミュレーションが行えますので、様々な色の組み合わせを確認してみると良いでしょう。
テンプレートの住宅の色を変えられるものと、ご自分の写真をアップロードして配色できるカラーシミュレーションの二通りあります。

インターネット上のカラーシミュレーションでは無料でできることが多いので、ご自分が納得できる配色がみつかるまでシミュレーションしてみましょう。

●One Point●
ツートンカラーでの外壁塗装は全体の雰囲気がどのように変化するかイメージできるかが成功の秘訣ですので、カラーシミュレーションを上手に活用うことをおすすめします。

カラーシミュレーションの結果を鵜呑みにしないこと!

注意して頂きたいのがカラーシミュレーション通りの色を選んでもイメージ通りの仕上がりにはならないことです。

例えば、ディスプレイで見る色と実際の外壁の色は異なりますし、ディスプレイの色彩を変更しているとより実際の物からかけ離れた色である場合もあります。
カラーシミュレーション結果を印刷してもプリンターによって色が異なります。

また、面積効果で色は見え方を変えます。
小さい面積では色は濃く見えて、大きい面積では同じ色でも薄く見えまうのです。

あくまでカラーシミュレーションは外壁塗装の色選びの“参考”となるツールです。
特にツートンカラーで外壁塗装をするにはイメージを膨らませるためには非常に役に立ちますので上手に活用していきましょう。

最終的に色を決めるにあたっては色の見え方の注意点をしっかりと踏まえたうえで、選ぶようにしましょう。
外壁塗装を終えた後からイメージとは異なるからといって塗り直しをお願いしても無料で対応してくれる業者はいません。

また、実際にツートンカラーの外壁塗装をした方々の事例も見てみるとどのように変化するのか確認できます。
一度は見てみるのをおすすめします。

神奈川県横浜市の外壁塗装実績を見てみる!

後からトラブルにならないように、自分が納得できる色選びをしていきましょう。
色選びは外壁塗装の悩みの種ではありますが、ツートンカラーの外壁を目指すことでおしゃれなお住まいに生まれ変わります。
せっかくの外壁塗装のタイミングですから、新しい雰囲気のお住まいで新しい生活を始めてみてはいかがでしょうか?

●まとめ●
カラーシミュレーションを活用することでツートンカラーのイメージが非常にしやすくなります。
しかし実際の色と異なることも多く、トラブルの種になりやすい側面もあります。
カラーシミュレーションを使う場合は「色の見え方」も考慮して、自分が納得できる色選びをしていきましょう。

>>外壁塗装の起こりやすいクレームは3パターンに分かれる【事例まとめ】